群馬県前橋市の眼科形成外科 かしま眼科形成外科クリニック 眼科(眼形成眼窩外科)・形成外科

かしま眼科形成外科クリニック

完全予約制のクリニックとなります。
ご予約についてはお電話にて承ります。

医院ブログ

左右非対称の眼球突出

18.09.30

カテゴリ:ブログ

バセドウ病眼症では、眼球が突出しますが、これは左右非対称に起こることがあります。
左右非対称な眼球突出は、両側の眼球突出よりもさらに顔貌の異変が起こります。

また片側のみの上眼瞼後退も左右非対称の原因となります。
我々は可能な限り、左右対称の目になるように心掛けた手術を行っています。

脂肪の切除であれば、切除した脂肪をシリンジに入れることでその量を計測することが出来ます。
しかし骨の切除の場合、どれだけ眼球陥凹をきたすかを計測することは出来ません。
削った骨は水と一緒に捨てられてしまうからです。

また内壁や下壁のように眼窩内容をスペースに逃がす場合にも、どれだけ容積の移動があるかはわからないため、ミリ単位での調節は困難です。

当院では、経験上からも文献からもどの程度の眼窩脂肪を切除するとどの程度眼球陥凹が得られるか分かっているため、左右非対称な目の状態をミリ単位で調整する努力をしています。

また上眼瞼についても同様に上眼瞼を上げる筋肉の働きが眼瞼に伝わる経路を考えて手術を行っています。ミリ単位の微調整は難しいことが多いのですが、この課題に現在取り組んでいるところです。

可能な限り、左右対称な顔貌にするように努力しています。

昨年度実績2000件(うち眼瞼下垂手術941件、眼窩減圧150件)
群馬大学 眼科 非常勤講師
帝京大学 眼科 非常勤講師
涙道涙液学会 理事
アジア太平洋眼形成学会 理事
オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/

バセドウ病眼症の画像診断

18.09.30

カテゴリ:医院ブログ

バセドウ病の画像診断、よく撮影するものにCTとMRIがあります。

CTは放射線を使って断面を見る検査。

MRIは磁気を使って断面を見る検査になります。

 

CTは骨の状態をみることが得意で、MRIは内部の柔らかい組織を見ることが得意です。

CTは放射線被曝がありますが、撮影は5分くらいで終了します。音も静かです。

MRIは放射線被曝がありませんが、撮影は30分くらいかかりますし、音もうるさいです。

 

それぞれに利点・欠点がありますが、バセドウ病眼症の活動性を見るためには、組織の炎症を見ること出来るMRIが適切です。

眼窩減圧を行う場合には、骨の位置や厚さを見ることが出来るCTが適切です。

それぞれ目的によって撮影するものが異なります。

 

MRIで診断できるのは、筋肉の腫れと炎症の程度ですが、脂肪の炎症の程度を知ることは出来ません。つまり画像診断と言っても、万能ではなく限界がありますのでこれには留意が必要です。

 

 

当院の近くにはCT、MRIの画像専門クリニックが数多くありますので、初めて受診の際には事前に予約していただいてから、CDROMに焼いて持って来ていただくということを行っております。

受診して急遽CTやMRIが必要になった場合にも、すぐに撮ってもらえることが多いのでとても便利です。

 

点滴も手術も、患者さんの負担が少ない方法が良いと思い、そのような方法を提供しています。

 

 

昨年度実績2000件(うち眼瞼下垂手術941件、眼窩減圧150件)

群馬大学 眼科 非常勤講師

帝京大学 眼科 非常勤講師

涙道涙液学会 理事

アジア太平洋眼形成学会 理事

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F

03-5579-9995

http://www.oc-tokyo.com/