群馬県前橋市の眼科形成外科 かしま眼科形成外科クリニック 眼科(眼形成眼窩外科)・形成外科

かしま眼科形成外科クリニック

完全予約制のクリニックとなります。
ご予約についてはお電話にて承ります。

医院ブログ

凹んだ眼球も治します – 眼窩骨折の治療⑤

19.07.14

カテゴリ:GANKEISEIブログ

凹んだ眼球も治します – 眼窩骨折の治療⑤

ここまで眼窩骨折の場合の治療について書いてきました。
ここからは実際の症例についてお話することにします。

20代女性、交通事故で受傷。
自動車のハンドルに右目をぶつけ、眼窩骨折と眼瞼下垂を発症しました。

その後総合病院の眼科と形成外科でケガが安定化し改善するのを待っていました。
受傷後1年以上経過し、眼球陥凹と眼瞼下垂がこれ以上改善しないため、当院にご紹介いただきました。

右眼の眼球陥凹は重度で、上眼瞼の影の形状が左右で大きく異なることが分かります。
この方は内壁と下壁の骨折であり、その接合部(Orbital strutという)が折れていました。
接合部が折れるのは、眼球運動障害よりも、眼球陥凹が強く出るタイプ。

この方も非常に強い眼球陥凹が残っていました。
またケガによる眼瞼下垂がありますが、こちらも手術が必要になるため
手術は二回に分けて行う必要がありました。

一回目の手術は、眼窩内下壁骨折の手術で、日帰り全身麻酔で行いました。
二回目の手術は、右上眼瞼の眼瞼下垂手術で、局所麻酔で行っています。

手術を行って眼球陥凹が改善し、左右差が目立たなくなっているのが分かると思います。
とくに上眼瞼の影の形が変わっていることに注目してください。

また、眼瞼下垂手術によって二重の幅が小さくなっているために
左とのバランスが取れてきているのが分かります。

まだ微妙な左右差は残っているのですが、
保険診療で出来るのはここまで。

さらに修正するとなると自費になってしまうことと
ご本人もさほど気にされておらず終診となったのです。

このように眼球陥凹も表情に大きな不具合を生じるのです。
眼球を前に出したり、後ろに引っ込めたり。

どちらも軽々とやっているように見えるかもしれませんが
1年以上治療されていなかったことからも分かるように
この領域の治療には高度に専門的な知識や経験が必要なのです。

次は間違った治し方をされてしまった症例についてお話したいと思います。

 

読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします。

※患者さんご本人の了解を得て、写真を公開させていただきました。

2018年手術実績 3046件
群馬大学 眼科 非常勤講師
涙道涙液学会 理事
オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/
新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1
027-288-0224
http://www.kashima-oc.com/

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS

休診のお知らせ(7月6日(土)〜7月15日(月))

19.07.06

カテゴリ:ブログ

7月6日(土)〜7月15日(月)は休診とさせていただきます。

大変ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

美容外科手術後の修正④

19.07.03

カテゴリ:GANKEISEIブログ

美容外科手術後の修正④

筋肉を後転してまぶたを下げ、眼瞼下垂という病的な状態にしました。
そもそも最初の手術のまぶたよりも下がっている状態です。

わざとその状態にして、1週間過ごしてもらいました。
下げることがどういうことか、実際に体験してもらったのです。

その状態になって初めて患者さんは気付いたのです。
「下げれば良いわけでは無い」
「自分がなりたいのは、このまぶたではない」

しっかりと自覚してもらいました。

でも下げたということはもう一度上げなければなりません。
確実に再手術が必要になります。
再手術にも時間的なコスト、そして医療用の糸や覆布など金銭的なコストがかかるのです。

下げることを決断した時点でさらに2回の手術を覚悟しなければなりませんでした。

でも患者さんが幸せになるためには
どうしても一度眼瞼下垂になってもらう必要がありました。

その結果、下げすぎるとどうなるか
どんな見た目になるのかを体験してもらいました。

体験してもらったところで
下がりすぎは理想と違うということが、やっと分かってもらえました。

その後、理想的と思われる位置まで上げる手術をしました。

結局、最初の修正手術から5回の追加修正手術、トータルで6回の手術を行ったのです。

最初の手術が、きちんとご本人が理解した上で行えていたら。。
最初の手術で、美容外科のドクターが挙筋短縮は必要ないと正確に診断できていたら。。。。

いくつもの不幸が重なって、あのような状態になっていました。

最後の修正の後も、二重瞼の形状や眼瞼縁の形状を気にされていました。

恐らくどんな状態に仕上げたとしても、無限に気になってしまう精神状態なのです。
100点を求める気持ちは分からなくはないですが
医者も人間ですから100点をとることは難しいのです。
(皆さんの中でも人生で100点を取り続けた人はいないと思います)

どこかで手術を受けてから眼瞼の形が思いどおりにならず悩んでいる方がいます。

修正手術はとても大変なので僕が自ら進んで言いたいものではありませんが
当院であれば何かしらのお手伝いが出来るかもしれません。

またこれから美容外科で手術を受けようと思っている方は
術後の見た目が、自分が思い描いている姿にならない可能性があるということを自覚されると良いと思います。

もちろん当院で手術しても同じように望まない結果が出る可能性もあります。
が、どうなってもある程度は修正手術が可能である、
という意味では一般のクリニックとは、すこしポジションが違うのだと思います。

出来るだけ多くの人が、幸せな人生を送れますように。

2018年手術実績 3046件
群馬大学 眼科 非常勤講師
涙道涙液学会 理事
オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/
新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1
027-288-0224
http://www.kashima-oc.com/

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS

美容外科手術後の修正③

19.07.01

カテゴリ:GANKEISEIブログ

美容外科手術後の修正③

筋肉を伸ばして固定し
まぶたを下げることが出来ました。

上の白目は見えなくなって、より良い表情にすることが出来たのです。

ただし、そこからが大変でした。

以前の手術後に大きく顔貌が変化してしまっています。
皮膚も脂肪も筋肉も切除され、元にはどうやっても戻りません。

となると基準となる状態、理想とするものがないのです。
まさに宇宙空間で漂っているように上下左右、天地が分からないような状態です。

そうなると自分自身で何がベストなのかわからない。

これだ!という不自然ではない位置にまぶたを固定しても
「まだ上がっているのではないか?もっと下げられないか?」
という訴えが出てしまうのです。

先述のようにまぶたを上げることも下げることも
たくさんの手術をしているので相当得意な方だと思いますが
それでも「やっぱりもうこれ以上は無理なんですかね。。。」なんて
完全なマイナス発言が出てくる始末。

眼形成と美容の専門家として
どのような形状のまぶたが良いのかを常に見ていますから
まぶたを見る目はあると思いますが
とても綺麗で不自然ではない状態にまで下ろすことが出来ていたのです。

この綺麗なまぶたでもそういう考え方をされてしまうとなれば
最終的には、もう手立てが一つしか残っていません。

つまり、、、、、、過度に下げて、下げすぎはダメだということを実感してもらうことが必要だと感じました。
そこで挙筋を大きく後転して、わざと眼瞼下垂の状態になってもらったのです。

2018年手術実績 3046件
群馬大学 眼科 非常勤講師
涙道涙液学会 理事
オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS