群馬県前橋市の眼科形成外科 かしま眼科形成外科クリニック 眼科(眼形成眼窩外科)・形成外科

かしま眼科形成外科クリニック

完全予約制のクリニックとなります。
ご予約についてはお電話にて承ります。

医院ブログ

なぜバセドウ病眼症の治療をしようと思ったのか7

19.10.06

カテゴリ:GANKEISEIブログ

バセドウ病眼症に対する眼窩減圧術

まだ若い自分にはほんの数例の経験しかありませんでした

でもああいった苦しんでいる人たちを治す方法があるし

なにより海外では普通のこととして治療をしていことがわかりました

何度も海外の学会に行っているうちに

僕は自分で眼窩減圧をきちんと出来るようになりたいと思ったのです

その頃は減圧と言えば骨を如何に削るかということでした

聖隷浜松病院で数例の手術をやっていましたし

顔面骨折の手術などでその部位の操作はやってましたから

手術自体へのハードルは低く

普通に手術は出来ました

それでもラーニングカーブというものがありますので

最初の頃に手術した方々の減圧は少し不十分であったかもしれません

眼窩外壁の骨の除去をすると

前方の骨の外側は側頭筋という、こめかみの筋肉があり

突き抜けると結構出血しますし

後方の骨の向こう側は中頭蓋窩

つまり脳になるので

突き抜けると脳脊髄液が漏出するだけでなく

脳みその損傷の可能性すらあるのです

実際に外壁の減圧の場合にはしょっちゅう脳脊髄液の漏出はあるのです

生命のリスクと戦いながら、眼窩外壁の骨の切除を行うのです

内壁の減圧の場合には結膜の切開から入ります

浜松時代は皮膚切開から内壁にアプローチしていましたが

世界的には結膜切開が主流

皮膚を切らない、キズアトを残さない手術が主流です

いま思うと

聖隷から群馬大に戻って

国際学会に出席するようになって

UCLAのゴールドバーグ先生の講演やその一門の先生方の講演を聞いて

結膜切開の手術をマスターしたのかもしれません

国内では眼科でも形成外科でも結膜の手術をやっているドクターが本当に少ないですからね

やってみると結構簡単で、あっという間に目標とする部位に達することが出来ました

そして閉創が楽!

ほとんど縫わなくてもよいので時間が早く終わります

ということは腫れも少なく、患者さんの負担はかなり軽減されます

日本で最高峰の病院で研修を受けて

日本で最高峰の技術を持っていましたが

それをさらにブラッシュアップさせることが出来たのです

2018年手術実績 3046件
群馬大学 眼科 非常勤講師
涙道涙液学会 理事
オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/
新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1
027-288-0224
http://www.kashima-oc.com/

11月10日のバセドウ病眼症講演会
https://youtu.be/kxH9sgrlt0A

東京MXで紹介されました
https://youtu.be/eE2yMVMhW0U

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/FoB
現物
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS