群馬県前橋市の眼科形成外科 かしま眼科形成外科クリニック 眼科(眼形成眼窩外科)・形成外科

かしま眼科形成外科クリニック

医院ブログ

留学で分かった米国への勘違い

18.09.23

カテゴリ:ブログ

日本にいると、米国の情報がいろいろと入ってきます。
大統領選挙がどうなっているとか、メジャーリーグで活躍する日本人が評価されているとか。米国では日本の製品は素晴らしいと思われているとか、和食ブームだとか。

そして日本人から見た、米国人のイメージがあると思います。
そして米国人は味がわからず、とにかく量しか見ていないとか。
大量消費社会で、モノを大事にしないとか。

でも、自分が実際に現地で生活してみると、実際には日本のことを米国人はほとんど気にしていません。何千キロも離れた島国ですから、日本と韓国と中国の差もわかっていないような方がいます。(びっくりしました)

ニューヨークからしたら世界の反対側ですからね。仕方ないのかもしれません。
プエルトリコとキューバの位置関係が分からないのは、僕だけでは無いはずです。

なんとなく思ったのは、日本人が台湾やフィリピンを考えるときの感覚と似ているのではないかと思いました。親しみは覚えるけど、そこまで知らない。その程度だと思います。
日本の3倍の人口、4倍の経済、30倍の国土を持つ米国ですから、当然だと思っています。

米国に行って日本との違いに驚いたことの一つにスーパーマーケットに並べられている食材がとても良かったことが挙げられます。とくに野菜は品種も量も素晴らしいと思いました。
とくに僕にはルッコラのパックがよかったです。
ポテトチップスの大容量パックくらいある袋にパンパンにルッコラが入って3ドルくらいなんですよ。
それを買ってきて、パルミジャーノかけて、オリーブオイルと塩、コショウ、バルサミコ酢をかけて食べるのがとても好きでした。
ワインも大体10ドル前後出せば、ハウスワインとしてはかなり良いものとされるおいしいワインが手に入ります。日本で飲むワインでいうと2500円くらいの味が半額で飲めるというのは素晴らしいですね。
日本で売っているルッコラは、ほんの数本入って200円とかですよね。ルッコラサラダ作るとなると、いくらかかるんだか。。。。。

米国行く前は、米国人はみんなマックのハンバーガー食べてて、味に無頓着なのかな?と思っていました。そういうイメージある人も多いと思います。

留学して最初のころに、米国人からマックのハンバーガーはまずいし健康的ではないから食べるなと言われました。 あれ?そうなの?(笑)
そして米国人の行列ができるようなハンバーガーレストランのハンバーガーに行ったら、このおいしいこと。
日本では決して食べられる味ではありません。とても美味しかったのですが、カロリーが高いのか、翌日までずっとお腹いっぱいでした。

米国のステーキは質より量でしょ、とも思われているかもしれません。
味のない、固い肉を食べている、と。
しかし向こうで経験したステーキは、赤身のとても柔らかくてマグロの刺身のような味の濃さのあるものです。
正直、日本の霜降りの脂っこい和牛よりもずっと美味しいと思います。

こういうことに代表されますが、マックのハンバーガーが味の分からない米国の料理の代表格のように思っているととんでもない勘違いをすることになりかねません。
自分の経験した米国は、とても美味しいものばかりでした。
僕の人生で一番おいしかったウニは銀座ではなく、LAのオイスターバーで食べたものです。
ミョウバンの入っていない、捌きたてのウニは、日本ではほぼ食べることが出来ません。
なお、LAではウニはSea urchinではなくUniとして認知されています。

そして米国では大量消費社会でモノを大事にしない、というイメージありませんか?
でも、僕は逆に日本人のほうがモノを大事にしていないのではと感じました。

日本人は新しいものが好きで、中古品のお値段って安いし、そもそも買わない人も多いです。
家は新築がよいし、家具ももちろんピカピカの新品がよいですね。
だから中古のものの値段が低いです。

米国では中古の市場もそれなりの市民権を得ています。
中古の住宅もそれなりの値段で売られています。
ロスから日本に戻るときに要らなくなった家具を道路に置いておいたら、1時間くらいで、ものの見事に全て無くなっていました。

他人が使った家具でも、みんな持って行って使うんです。

日本だったら粗大ごみ置き場からもって帰ったりしないです。
欧米の都市って石造りですから、建て直しが難しいので古い建物がそのまま残っています。
日本の建物は古くなったら建て替えしますよね??

日本人のほうが新しいもの好きで、実は古いものを捨てて新しいものを好むんだ、と理解したときに、僕らは先入観で判断してはいけないんだなと思いました。みんな米国に対して大きな勘違いをしているかもしれません。

次は日本の素晴らしさを書きたいと思います。

昨年度実績2000件(うち眼瞼下垂手術941件、眼窩減圧150件)
群馬大学 眼科 非常勤講師
帝京大学 眼科 非常勤講師
涙道涙液学会 理事
アジア太平洋眼形成学会 理事
オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/