群馬県前橋市の眼科形成外科 かしま眼科形成外科クリニック 眼科(眼形成眼窩外科)・形成外科

かしま眼科形成外科クリニック

完全予約制のクリニックとなります。
ご予約についてはお電話にて承ります。

医院ブログ

近隣の内科へのメチルプレドニゾロン点滴のお願い紹介状

19.12.18

カテゴリ:GANKEISEIブログ

近隣の内科へのメチルプレドニゾロン点滴のお願い紹介状

数日前に、このブログで地元でメチルプレドニゾロン点滴が受けられるようにしたいという記事をアップしました
https://ameblo.jp/kashitomo52/entry-12559374238.html

それにあやかり、紹介状のひな型を作ってみましたので

ここで公開したいと思いますウインク

点滴だけでも、やってくれるところが増えると良いなあ叫び

*****************************

近隣の内科へのメチルプレドニゾロン点滴治療のお願い文案

平素より大変お世話になっております。主として甲状腺眼症や眼瞼下垂などの眼周囲疾患への手術治療を行っておりますオキュロフェイシャルクリニック東京・新前橋かしま眼科形成外科の鹿嶋友敬と申します。貴院の近隣にお住まいで当院へ来院された患者様についてお願いがあり紹介状を書かせていただきました。

甲状腺眼症の活動期への治療は、古典的にはステロイドパルス(メチルプレドニゾロン1000㎎3日間)を2-3クール行い、その後プレドニゾロン内服を3-6か月かけて漸減する、というものになります。しかしプレドニゾロン内服による副作用が多く、効果が低いということが明らかになってきています(Marcocci C, 2001、Kahaly GJ, 2005)。またメチルプレドニゾロンの量も500㎎よりも多い量では重篤な副作用が増えることが知られており一回量は500㎎とすることが推奨されています(Zang S, 2011、Bartalena L, 2012)。このため当院ではEuropean Group on Graves’ Orbitopathy(EUGOGO)の推奨に従い、内服は行わず週に1度のメチルプレドニゾロン500㎎点滴を行っています(Kahaly GJ, 2005)。またメチルプレドニゾロンの添付文書では「10分以上かけて緩徐に静注もしくは点滴静注」と書いてあるため15分で点滴静注を行い帰宅させており、現在までのところ重篤な有害事象は起こっておりません。(添付文章より)

当院ではこれに合わせて4週間ごとに眼窩MRIの撮影を行い、活動期の判定を行っております。さらに活動性によって眼窩へのトリアムシノロン注射を4週ごとに行っています。症例によって活動期が続く期間が異なることから、ステロイド治療を続ける期間を決めておりませんが、大抵の場合には8週から12週で非活動期に移行しております。

当患者は貴院の近隣の地域からの来院となっており、週に1度の来院が時間的・金銭的コストの面から非常に厳しい状態です。そこでお願いなのですが、貴院にてメチルプレドニゾロン500㎎点滴を週に1度、行っていただけないでしょうか。行っていただけましたら当院への通院間隔が月に1度となり患者本人の負担を軽減することが可能になる為です。ご考慮いただけましたら幸甚でございます。どうぞよろしくお願いいたします。

オキュロフェイシャルクリニック東京
新前橋かしま眼科形成外科
鹿嶋友敬

image

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

2018年手術実績 3046件
群馬大学 眼科 非常勤講師
涙道涙液学会 理事

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/
新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1
027-288-0224
http://www.kashima-oc.com/

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら
https://youtu.be/kxH9sgrlt0A

OurAgeに特集していただきました
https://ourage.jp/column/karada_genki/more/187841/

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/FoB
現物
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS