群馬県前橋市の眼科形成外科 かしま眼科形成外科クリニック 眼科(眼形成眼窩外科)・形成外科

かしま眼科形成外科クリニック

完全予約制のクリニックとなります。
ご予約についてはお電話にて承ります。

医院ブログ

なぜバセドウ病眼症の治療をしようと思ったのか11

19.10.19

カテゴリ:GANKEISEIブログ

留学から帰って、UCLAで勉強したことを臨床に活かしたいと考えました

UCLAで学んだこと、日本でやっていないことの一番大きなものは

眼窩の手術と

 

美容の手術

 

そして日帰り全身麻酔でしたアメリカ

自分自身のためというよりも

レアチケットをゲットしてUCLAアメリカまで行かせてもらった手前

未来の日本の医療の姿を見てしまった、という思いがある手前

どうにかして世の中に浸透させて

世界からかなり遅れを取っている現状を変えてかなければならないと

強く自分に言い聞かせるようになります

でもこれを日本の大学病院や一般病院などの既存の組織に導入することは難しく

難しいのも当然で今まではやっていなかったことですから

それぞれの部署を説得して回らなければなりません

簡単に言うと

美容の手術をする、となると

自費治療になりますから保険診療でお会計していたシステムと違うシステムの運用が必要になります

そういうのを許可するのは教授会

そうなると30人くらいの教授からOKをもらっておく必要があります(この時点でガタブルですガーン

それもそうですがそもそも会計に絡んでいるのは会計の事務だけでなく

電子カルテを運用する医療情報部や

自費治療の患者さんの相手をする看護部にも話を通しておかなければなりませんガーン

そうなると説得しなければいけない人数は

ゆうに100人くらいになりますえーん

説得していたら何年かかるかわかりません

 

ひょっとしたら20年くらいかかるかもしれません

 

自分の人生が終わってしまいますヒヨコ

 

そこまでしても僕の大学の日給は数千円

さすがにそこに自分の時間と労力をかける気にはなれませんでした

世の中を変えるには

自分で開業して、実行して見せるのが一番の近道

そう思って日本で唯一の日帰り全身麻酔を完備した

眼形成専門クリニックを立ち上げようと思ったのです真顔

ところで皆さん、ジョジョの奇妙な冒険って知ってますか?ウインク

 

 
僕の世代の男子はみんな知っているんじゃないかな

中学・高校くらいの時に全盛期だった週刊少年ジャンプに連載されていた漫画です

その中の話にダニエル・ダービーというスタンド(自分の文身のようなもの)を操るキャラクターがいますおねがい

 

 

 

 
自分自身をコインにして賭けをする、というキャラクターです

その当時の(今もですが)気持ちはまさにそれ

自分自身の人生をコインに変えて

そしてそれを全てつぎ込んで世の中を変えてなければいけないと思ったのです真顔

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

2018年手術実績 3046件
群馬大学 眼科 非常勤講師
涙道涙液学会 理事
オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/
新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1
027-288-0224
http://www.kashima-oc.com/

11月10日のバセドウ病眼症講演会
https://youtu.be/kxH9sgrlt0A

東京MXで紹介されました
https://youtu.be/eE2yMVMhW0U

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/FoB
現物
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS

なぜバセドウ病眼症の治療をしようと思ったのか12

19.10.19

カテゴリ:GANKEISEIブログ

帰国前後からすぐに開業へと動き始めました

物件を見ながら

開業を模索しながら

留学前以上に臨床(患者さんの治療)を行い

それをさらに国内や海外の発表に活かす、ということを繰り返しました

そんな中、海外の学会に行くとしょっちゅうシンガポールの先生方と

一緒に過ごしていたのですが

(悲しいことに日本人医師が1人もいないので)

同年代のドクターからこんなことを言われますニコニコ

シンガポールDr「台湾大学のLiao先生のところ行ってみた?」

鹿嶋「いや、行ったことない」キョロキョロ

シンガポールDr「減圧やりたいならLiao先生の脂肪減圧見たほうが良いよ」

鹿嶋「脂肪減圧?」キョロキョロ

シンガポールDr「脂肪をめっちゃ切除して、一日に何人も何人も手術してすごいよ」

どれだけ常識外れかは、シンガポールのドクター達の話し方で分かりました

常識外れすぎて、爆笑、みたいなチュー

これは絶対に忙しくなって身動きが取れなくなるであろう開業前に
見ておかなければならない、そう思ったのです
(実際には開業後の方が休みやすいのですが)

その後、海外の学会で、Liao先生の発表を見ました

データを見ると眼窩脂肪切除による減圧は素晴らしく良いものに思えます

あれは本当なのだろうか、どうしても見に行かねば

会場にいた留学中に知り合った台湾の女性Drに話を聞きます

鹿嶋「あれって、本当なの?あんなに素早く減圧効果得られるの?あんなにいっぱい手術しているの?」キョロキョロ

台湾Dr「本当よ」

絶対に見学に行く

 

そう思って会場のフロアでLiao先生にご挨拶をし

名刺を頂き、それから見学の日程を調整してお願いのメールを送りました爆笑

海外の学会に行くことの意味、お分かりいただけますか?

日本だけなら1億2千万人

米国は3億6千万人

米国だけでも3倍の人口があります

3倍の人口、4.5倍のGDPびっくり

僕ら以上のノウハウがあるのは、単純計算でも明らかですよね?

実は僕らは肩を並べる大国同士、ではありませんショボーン

低学年小学生と大人くらいの差があるのです

世界中の人口を考えれば、国際学会にはそれ以上のノウハウが詰まっているのは自明の理です

さらに米国の医師は、医学部在学前・中、そして医師になってからも激しく勉強させられます

ついてこれなければドロップアウトするしかない環境ですショボーン

その一方で、日本は医学部に入ってしまえば正直ぬるま湯笑い泣き

(今は大きく違うかもしれませんが)
テストさえ赤点でなければ医師になれます(←自分? あ、赤点取ったな(笑))

米国の医師が出来るだけ集団の先頭を走るように教育されているのに対して(進路がこれで来まるから)

日本は集団から遅れなければよいシステム

10年たったらその距離の差はものすごいことになっています

だから僕は海外の学会に参加するのです

常識に捕らわれず、良い医療をひたすら追い求めたい

料理人が常により良い味を求めるように

そこに限界はないのです

だから

クリニックが休診になってても

怒らないでね(笑)

そこかい!笑い泣き

なぜバセドウ病眼症の治療をしようと思ったのか10

19.10.16

カテゴリ:GANKEISEIブログ

米国に臨床留学をして

眼形成の世界は眼瞼下垂とかバセドウ病眼症などの病気だけではなく

美容の注射や美容の手術も、眼形成ドクターが行うということを知りました

日本では形成外科・美容外科の先生方がまぶたを手術することがありますが

米国ではどんどん形成外科・美容外科は手術できなくなっています

それはなぜか

簡単に言えば、詳しくないから、です

形成外科とか美容外科は、頭のてっぺんの腫瘍からつま先の巻き爪まで手術をします

一方で眼科医がやる眼形成ドクターは

眼の周りの形成しか行いません

そうなると必然的に眼形成ドクターは

目のまわりのことを深いところまで知ることが出来ます

いっぽうで形成外科・美容外科では手術が全身に分散されますから

全身を知ることが出来るというメリットがある一方で

どうしたって目の周りについては浅い知識になってしまいます

レストランで例えるなら

スキー場の食堂のように

カレー、ラーメン、そば・うどん、寿司、スパゲティまで何でも出すようなところの寿司と

寿司だけに特化した寿司屋の寿司の違いが出ます

そうなると米国は訴訟社会ですから

なにかあればすぐ訴えられます

良くない医療をされたら

すぐに訴えられてしまいます

だから、米国の形成外科・美容外科では目の周りの手術はしないのです

これはビバリーヒルズで開業している美容外科医から

ある学会のランチでたまたまテーブルが一緒になり

その時に直接聞いたことですから本音のことで

さらにゴールドバーグ先生も同じようなことを言っていたので

真実だと思います

目のまわりの美容の手術も

眼形成ドクターがやるべき

留学に行ったことで

強く思うようになります

2018年手術実績 3046件
群馬大学 眼科 非常勤講師
涙道涙液学会 理事
オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/
新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1
027-288-0224
http://www.kashima-oc.com/

11月10日のバセドウ病眼症講演会
https://youtu.be/kxH9sgrlt0A

東京MXで紹介されました
https://youtu.be/eE2yMVMhW0U

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/FoB
現物
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS

サンフランシスコの学会から帰ってきました

19.10.15

カテゴリ:GANKEISEIブログ

アメリカ眼形成学会+アメリカ眼科会議

新しい知識

新しい器具

いっぱいゲットして戻ってきました

たまたまなんですが、ブルーエンジェルスという
航空隊のショーを見ることも出来ました

すごい迫力

すばらしかったです

今回は東京+前橋のスタッフ全員を連れて行きました

サンフランシスコはとても風光明媚な都市ですが

日本人はなかなか行く機会がありません

だから今回は良い機会だから連れて行きました

みんな、新しい経験が出来て、楽しんでくれたようだったので良かったです

木曜日から診療再開します!

学会参加中

19.10.10

カテゴリ:GANKEISEIブログ

今日からまた学会でーす

 

 

学会と言っても国内ではなく

 

サンフランシスコアメリカ

 

 

 

良いところです

 

 

アメリカの都市の中でも一番すき

 

 

今回はアメリカ眼形成学会+アメリカ眼科会議

 

 

 

国内・国外、年間10回程度、学会に出かけていますが

 

アメリカだけは講演ナシ

 

 

というか演題登録したけど落ちた(笑)笑い泣き

 

河村先生は通っていますグラサン

 

 

アメリカの学会は厳しいんです

 

 

 

時差にもまけず、最新のことを勉強してきまーす

その前に観光もね

バセドウ病眼症の症状の変化と生活の質の変化のアンケートのお願い

19.10.08

カテゴリ:GANKEISEIブログ

バセドウ病眼症の治療を熱心に行っていますが

 

症状の変化を計測することが難しい病気で

 

なんらかの指標が必要かなと思っていました

 

で、今回、簡単なアンケートを作りました

 

海外の論文を元に、独自の項目を入れてあります

 

 

 

 

 

バセドウ病眼症の方々はこういうのを毎回書いていただくようになります

 

データを取って、治療をして、集計して

 

どういう患者さんなら、こういう治療をする、という

 

治療方法の確立につながるように

 

皆さん、ご協力どうぞよろしくお願い致します

なぜバセドウ病眼症の治療をしようと思ったのか9

19.10.08

カテゴリ:GANKEISEIブログ

ゴールドバーグ先生、

世界的にとても有名な方

世界一有名、と言っても良いようなスターです

その先生の後ろについて学ぶことが出来て本当に良かったです

眼窩周囲の骨の取り方、眼窩内の腫瘍の取り方もすばらしく

脳とか血管があるようなところの骨もバンバン切除する

それでも合併症を起こさないのだから素晴らしいです

そんな世界で最高峰の勉強が出来るUCLAの眼形成部門のフェローは

年に1人だけの限られた枠です

だから世界中から希望者が殺到する

ゴールドバーグ先生が素晴らしいのもありますが

さらに、医師免許が交付される特別なシステムも素晴らしい

医師以外知らないかもしれませんが

 

医師免許というのは世界中で各国が許可するものなので

世界共通では無いのです

つまり日本の免許を持っていても

米国では免許がないので医療行為は出来ないし

やったら捕まります

それがフィリピンだろうが、イラクだろうが、ブラジルだろうが

国ごとに医師免許を取らなければいけません

これがまた取得が難しくて

例えば米国の医師免許を持っていても

日本の医師免許を取ろうと思ったら

医学部に入るところからやらないといけない(笑)

つまりすごく優秀な人でも最低6年かかるのです

え?そこから?

って思うでしょ?

ハードル、めっちゃ高いでしょ?

医師免許は他国では使えない、というのが常識なのですよ

ただ大英帝国の植民地だった国の医師免許は他の国でも使えるので

例えばインドやシンガポールの医師免許は、英国でも使えますが

そういうのは大英帝国だけです

だから米国に医師免許を持って

医療行為が出来る状態で留学する日本人医師は、ほとんどゼロ

日本人医師の留学は、そのほとんどが研究目的で

研究室でマウスとか試験管を相手に

データを取る、ということのために留学するのです

恵まれていたのはUCLAでは国際フェローに一時的な医師免許が交付されるということ

これはそのほかの大学には無いシステムなのです

どういう理由だかわかりませんが、全米中でUCLAだけ

必然的に、競争率は高くなるのです

加えてゴールドバーグ先生が世界一有名

となれば、留学希望が殺到するのが分かりますよね?

選んでもらうのも奇跡、ということなのです

僕は選んでもらえたので臨床留学をすることが出来ました

医療行為も行うことが出来ました

米国人と一緒に手術をすることが出来たのです

2018年手術実績 3046件
群馬大学 眼科 非常勤講師
涙道涙液学会 理事
オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/
新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1
027-288-0224
http://www.kashima-oc.com/

11月10日のバセドウ病眼症講演会
https://youtu.be/kxH9sgrlt0A

東京MXで紹介されました
https://youtu.be/eE2yMVMhW0U

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/FoB
現物
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS

なぜバセドウ病眼症の治療をしようと思ったのか8

19.10.07

カテゴリ:GANKEISEIブログ

手術は、例えが悪いですが料理と一緒で

回数をこなすと、自然と手が動きます口笛

徐々に症例数を増やしていきました

それと同時に海外での講演を重ねていきました

そんな中、UCLAのゴールドバーグ先生と話をする機会がありました

確か、最初に見学のお願いを直接話して

メール送ったら無視されガーン(笑)

あきらめずに2年後くらいの学会でもう一度話しかけて見学の許可をいただいたのです

留学、短期でもいいから行ってみたい

どうせ臨床出来ないし、見学だけならすこしで良いか

そんな風に考えていました

でも留学したってことにするとある程度の期間が必要で

岸先生にお願いして、2か月のお暇をいただくことになりました

留学しましたロサンゼルス

 

ビバリーヒルズとか

 

ハリウッドとか有名ですよねグラサン

 

UCLA(University of California, Los Angeles;カリフォルニア大学ロサンゼルス校)

スポーツで有名なところですね

ハリウッド映画のビバリーヒルズコップ、みたいな拳銃をバンバンやっている

ダウンタウンのようなごみごみしたところではなく

 

サンタモニカビーチの近く

とっても広くのびのびとした土地

UCLA周りはロスでも一番地価が高く

ワンルームでも1か月40万くらいします

高っ笑い泣き滝汗
(というか、日本が安いのだと分かりました)

あくまで見学なので

ゴールドバーグ先生の後ろについて

手術や外来で後ろについて勉強します

診察のスタイルも

手術のやり方も全然違うのですニコニコ

2018年手術実績 3046件
群馬大学 眼科 非常勤講師
涙道涙液学会 理事
オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/
新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1
027-288-0224
http://www.kashima-oc.com/

11月10日のバセドウ病眼症講演会
https://youtu.be/kxH9sgrlt0A

東京MXで紹介されました
https://youtu.be/eE2yMVMhW0U

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/FoB
現物
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS

なぜバセドウ病眼症の治療をしようと思ったのか7

19.10.06

カテゴリ:GANKEISEIブログ

バセドウ病眼症に対する眼窩減圧術

まだ若い自分にはほんの数例の経験しかありませんでした

でもああいった苦しんでいる人たちを治す方法があるし

なにより海外では普通のこととして治療をしていことがわかりました

何度も海外の学会に行っているうちに

僕は自分で眼窩減圧をきちんと出来るようになりたいと思ったのです

その頃は減圧と言えば骨を如何に削るかということでした

聖隷浜松病院で数例の手術をやっていましたし

顔面骨折の手術などでその部位の操作はやってましたから

手術自体へのハードルは低く

普通に手術は出来ました

それでもラーニングカーブというものがありますので

最初の頃に手術した方々の減圧は少し不十分であったかもしれません

眼窩外壁の骨の除去をすると

前方の骨の外側は側頭筋という、こめかみの筋肉があり

突き抜けると結構出血しますし

後方の骨の向こう側は中頭蓋窩

つまり脳になるので

突き抜けると脳脊髄液が漏出するだけでなく

脳みその損傷の可能性すらあるのです

実際に外壁の減圧の場合にはしょっちゅう脳脊髄液の漏出はあるのです

生命のリスクと戦いながら、眼窩外壁の骨の切除を行うのです

内壁の減圧の場合には結膜の切開から入ります

浜松時代は皮膚切開から内壁にアプローチしていましたが

世界的には結膜切開が主流

皮膚を切らない、キズアトを残さない手術が主流です

いま思うと

聖隷から群馬大に戻って

国際学会に出席するようになって

UCLAのゴールドバーグ先生の講演やその一門の先生方の講演を聞いて

結膜切開の手術をマスターしたのかもしれません

国内では眼科でも形成外科でも結膜の手術をやっているドクターが本当に少ないですからね

やってみると結構簡単で、あっという間に目標とする部位に達することが出来ました

そして閉創が楽!

ほとんど縫わなくてもよいので時間が早く終わります

ということは腫れも少なく、患者さんの負担はかなり軽減されます

日本で最高峰の病院で研修を受けて

日本で最高峰の技術を持っていましたが

それをさらにブラッシュアップさせることが出来たのです

2018年手術実績 3046件
群馬大学 眼科 非常勤講師
涙道涙液学会 理事
オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/
新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1
027-288-0224
http://www.kashima-oc.com/

11月10日のバセドウ病眼症講演会
https://youtu.be/kxH9sgrlt0A

東京MXで紹介されました
https://youtu.be/eE2yMVMhW0U

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/FoB
現物
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS

なぜバセドウ病眼症の治療をしようと思ったのか 6

19.10.05

カテゴリ:GANKEISEIブログ

シンガポールでの見学中

どんな研究をしているの?

と聞かれたので、国内で発表していたスライドをいくつか見せました

そうしたら

いろいろ面白いことやっているね

半年後に近隣諸国にするレクチャーがあるから

そこで講演したら?

え?

英語の発表??

したことないよ???

でもその頃の僕のモットーはNoと言わない日本人

二つ返事で

やってみます、、、、、、。

と言いました

するとSeah先生

じゃあ

3つくらい講演してよ

え?

英語の発表したことないのに

いきなり3つ?????

無理―(心の叫び)

が、僕のモットー通りに引き受けることになるのです

言われたのが半年前だったのと

3つのうち、2つがビデオ講演だったので

なんとか終了し

プレゼンターの中で最優秀ビデオ賞なるものまでいただきました

海外の学会に行く日本人医師が圧倒的に少ない中

海外の学会に行けば

眼形成の最新の知見を得ることが出来る
その時から、Seah先生が行く海外の学会に自ら演題を出し

自分もついて行くことになるのです

実は、大抵の海外の学会は日本人ドクターにとって8割海外旅行みたいなもんです

演題が出せれば、病院から旅費が出ますから

みんなで徒党を組んで公費で海外へ

現地では日本人の集団で行動し

会場にも行かず観光し

海外の人と議論することもほとんどない

そういうのが実情です

議員さんの海外視察、も多分似たようなものだと思います

でも僕がついていったSeah先生

海外でも有名な方

常に会場にいて

講演を聴いています

ちょっとでも部屋に戻ろうもんなら

どこにいる?ちゃんと聞いているか?

と呼び出しがきます(笑)

おかげでいろいろな発表を見ることが出来ました

その中にバセドウ病眼症に関するものがあり

もちろんその中には眼窩減圧術の講演もあったのです

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

2018年手術実績 3046件
群馬大学 眼科 非常勤講師
涙道涙液学会 理事
オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/
新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1
027-288-0224
http://www.kashima-oc.com/

11月10日のバセドウ病眼症講演会
https://youtu.be/kxH9sgrlt0A

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/FoB
現物
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS

1 / 1612345...10...Last »