群馬県前橋市の眼科形成外科 かしま眼科形成外科クリニック 眼科(眼形成眼窩外科)・形成外科

かしま眼科形成外科クリニック

完全予約制のクリニックとなります。
ご予約についてはお電話にて承ります。

医院ブログ

執刀医にとって異なる経験値

20.06.17

カテゴリ:ブログ

以前、もう2年前になりますが

保険診療での治療と、自費診療での治療の違いについて書かせていただきました

「保険診療と自費診療の違い」
https://ameblo.jp/kashitomo52/entry-12429367271.html

当院で行う保険診療での手術は

出来るだけ後進の先生方にやってもらうようにしています

それはスポーツのレギュラーと補欠を考えると分かるのですが

補欠はずっと補欠のままで試合に出なければ

 

経験を積むことが出来ず、上達しませんから

それこそずっと補欠のままですよね?

手術もこれと同じ

未熟な医師が未熟なままであってはいけない

だから後進の先生こそ、経験を積む必要があるのです

手術の腕が上がれば上がるほど

スピードが速くなります

「手術の腕とスピード」
https://ameblo.jp/kashitomo52/entry-12436584490.html

上手くなればスピードが上がります

 

逆に言えば、後進の先生方は、手術のスピードが遅いです

当院では全国から何人もの先生がいらしているので

その先生方に執刀させています

後進の腕が上がってくれれば、将来より多くの全国の患者さんを救えるのですから

ただ、当たり前ですが、手術の腕はドクターによって違います

当グループでは、年間4000件弱の手術を行っていますから

各医師はそれなりに経験を積んでいますので

そのあたりの医療機関で手術するよりも腕は良い筈ですが

それでも後進の先生方は僕の弟子に当たりますから

当たり前に僕の方が上手いです(笑)

先日、保険での手術を希望された方に

「他の先生でも、鹿嶋先生と同じですよね??」って聞かれたので

「全然違います!」って答えましたので、今回のお題を思いつきました(笑)

当院の先生方、「鹿嶋先生と腕は同じです」とは口が裂けても言わないと思います

鹿嶋執刀希望の方は、是非自費での治療を選んで頂けたらと思います

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)
涙道涙液学会 理事

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/
新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1
027-288-0224
http://www.kashima-oc.com/

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら
https://youtu.be/kxH9sgrlt0A

OurAgeに特集していただきました
https://ourage.jp/column/karada_genki/more/187841/

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/FoB
現物
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS

”自分が患者になってみた①”

20.06.16

カテゴリ:ブログ

定期的に昔の記事をアップしています

 

 

僕は全身麻酔の手術を、いままでに3回受けています

 

その中でも、開業してから初めて受けた全身麻酔の経験は非常に大きなものでした

 

患者さんに説明出来ますし

 

なにより当院の麻酔科の先生に説明が出来たので

 

木村先生に僕の手術翌日に見学にいってもらい

 

当院での麻酔は、ここの麻酔のやり方を真似ています

 

回復が早く、嘔気が少なく、身体的負担が少ない

 

早期に離床できて、帰宅も可能な麻酔

 

 

本当に受けて良かった、と思いました

 

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)
涙道涙液学会 理事

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/
新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1
027-288-0224
http://www.kashima-oc.com/

 

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら
https://youtu.be/kxH9sgrlt0A

 

OurAgeに特集していただきました
https://ourage.jp/column/karada_genki/more/187841/

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/FoB
現物
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS

バセドウ病眼症・甲状腺眼症に対する眼窩減圧術についての動画作りました

20.06.15

カテゴリ:ブログ

 

Youtubeの動画作るの、結構大変なんですが

 

バセドウ病眼症についての動画、5本目にしてやっと眼窩減圧術まで辿り着きました。。。

 

最初から、この動画を作りたかったのですが、

 

話の流れ的に最初から作らないとと

 

1か月後前から徐々に作ってきましたが

 

やっと手術まで辿り着いた、、、

 

あとは眼瞼後退の手術に関するものを作れば、大体OKかな、、、、

 

だんだんナレーションが上手くなってきました(笑)

 

今日は新しいマイクが届くので、音声も徐々に改善するかもしれません

 

では、どうぞ!!!!

 

 

 

他の動画はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

 

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)

涙道涙液学会 理事

 

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F

03-5579-9995

http://www.oc-tokyo.com/

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1

027-288-0224

http://www.kashima-oc.com/

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

OurAgeに特集していただきました

ついに眼症の手術を受ける/甲状腺疾患で涙目、眼球突出に! 50代ライターのバセドウ病眼症闘病記④ 

 

 

 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ

「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」

https://oculofacial.page.link/FoB

現物

https://oculofacial.page.link/pamphlet

kindle版

”なんで講演会を自腹でやるのか”

20.06.12

カテゴリ:ブログ

 

定期的に昔の記事をアップしています

 

 

 

この先、どんどん自腹での講演会をやっていこうと思っています

 

医者にも患者にも有益な情報を提供する

 

こんなに良い社会貢献はありませんからね

 

 

もともと僕は一般家庭に生まれ育ったので

 

お金にあんまり興味がありません

 

 

フェラーリとかって車も

 

カルティエとかって時計とかも

 

まったく興味がない(笑)

 

 

 

死なない程度に稼げていれば良い

 

だからこそ、患者さんから受け取ったお金は、次の展開や頑張っている人にどんどん使っていきたいと思っています

 

 

 

 

 

 

――――――――――――――――――――――――

 

医者の世界には勉強会がいっぱいありますひらめき電球

 

それこそ毎月のように

 

緑内障、黄斑変性、白内障、硝子体

 

 

こういう講演会はすべて製薬会社や手術器具メーカー主催ですチョキ

 

 

 

講演会の費用、ホテルの会場を2時間くらい使うと

 

場所にもよるのですが大体100万くらいかかります叫び

 

その他に講演会の案内を送らないといけないので

 

その費用に数十万

 

懇親会までするのであればさらに数十万

 

ざっと200万ちかくかかるのですドクロ

 

 

それだけ費用がかかるので

 

メーカーも主催するのであれば

 

しっかり自社の宣伝をしてもらわないと困ります

 

 

 

だからこそ、講演の内容はその分野に限られてしまい

 

同じような話をいつも聞く、ということになります

 

だからもちろんメーカーの利益にならない患者向け講演会なんかほとんどありません

 

 

 

 

数年前は僕もメーカーを入れて講演会を開催していました

 

でも行うとなると、メーカーから自社の製品を絡めて、という要求がきます(ごもっともです!)

 

 

これで演者の先生と講演内容を選ぶのに非常に苦労しました

 

なんせ、眼形成は手術器具も薬剤も使わず、腕一本でどう出来るかの世界だからです

 

製品の宣伝になるようなことは講演できないのです

 

 

 

そのときにふと気づいたのですが

 

メーカーは無理やり自分の製品を入れてくれと要求しないといけないので担当者は不幸

 

世話人は、無理やり講演内容に製品をいれないといけないので演者・演題選びに苦労して不幸

 

演者は、無理やり講演内容に製品を入れないといけないので不幸

 

参加者は、無理やり入れられた製品の宣伝を聞かされるので不幸

 

 

関係者全員が不幸になる枠組みだったのです

 

 

 

 

 

だったら自分のところでお金出してやった方がよい

 

 

 

前から何度もどこでも言っていますが

 

僕はお金を残したいわけではなくて

 

眼形成が当たり前の世の中を後世に残したいので(眼形成のザビエルになりたい)爆  笑

 

売り上げたものを次の展開のために使うのは何にも苦になりませんグラサン

 

 

だとすると、自分で主催したほうがよい、という結論に達しました

 

 

 

実際に自腹でやるとなるとホテルである必要は無く

 

むしろ立地の良い、貸会議室で良くて

 

値段も安く上がるし(大体2-3時間で30万くらい、郵送の費用が40万くらい?懇親会含めても100万あれば足りる)

 

 

演題や内容も自分で選べる

 

 

演者の先生にも好きなことをしゃべってもらえて

 

メーカーに負担を強いることもない

 

僕の負担が増えるだけですが、そこに痛みはない

 

 

関係者全員、ハッピーじゃん!笑い泣き

 

 

 

 

講演会を主催することで、参加者のホンの一部の方が

 

困った症例が居たときに送っていただけたら(手術患者さんが受診してくれたら)

 

それで十分ペイしますから

 

実際には、長期的にうちのクリニックにプラスにもなるはずです

 

 

 

そういう世の中の仕組みを変えつつ

 

関係者全員ハッピーという枠組みを考えて実行することが

 

僕の生きがいなのです

僕たちは老人が牛耳る町に住んでいる

20.06.11

カテゴリ:ブログ

僕たちは老人が牛耳る町に住んでいる

 

 

今回のコロナ騒動いかがでしたか?

 

誰しもが何かしらのダメージを負いましたね

 

 

感染対策もいろいろありました

 

マスクも品切れになり

 

アルコール消毒も品切れになり

 

どこもかしこも店を閉めて対応していました

 

 

 

そんな中、ニュースで流れてくるのは

 

緊急事態宣言のこととか

 

給付金のこととか

 

感染人数のこととか

 

 

 

みなさん、ニュースに出ていた顔ぶれを思い出してみてください

 

 

なんか、老人ばかりではなかったですか??

 

 

あの人も、この人も、

 

総理大臣も、官房長官も、都知事も、まだお元気ですが、すべて老人です

 

 

 

若い人がいない

 

若いのは大阪の吉村知事くらい??

 

 

 

ふと、そう思った時に、気づいたのですが

 

日本という国にスピード感がないのは

 

老人が牛耳っている国だからじゃないのか

 

トップに座る人がほとんど全て老人だからじゃないのか

 

 

そう思いました

 

 

 

日本が世界の国の中で、一定のプレゼンスを示しつづけるためには

 

スピード感を持って、いろいろな変革を行い

 

自らを時代に合った姿に積極的に変えていくことが必要で

 

そのためには、やはりトップの人材は若くないといけないのではないか

 

そんな風に思いました

 

 

 

御年78歳のIT担当大臣が、どうやってITを勧めるんだか、、、、、

 

落ちぶれて行かないように、若い人たちが行動を変える時なのかもしれませんね

 

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

 

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)

涙道涙液学会 理事

 

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F

03-5579-9995

http://www.oc-tokyo.com/

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1

027-288-0224

http://www.kashima-oc.com/

 

 

 

 

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

 

 

OurAgeに特集していただきました

ついに眼症の手術を受ける/甲状腺疾患で涙目、眼球突出に! 50代ライターのバセドウ病眼症闘病記④ 

 

 

 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ

「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」

https://oculofacial.page.link/FoB

現物

https://oculofacial.page.link/pamphlet

kindle版

”最後に一言”

20.06.10

カテゴリ:ブログ

フォローした方々のブログを見ていたのですが

 

去年、治療終了となった患者さんのブログがありましたのでここにご紹介させていただきます

 

 

この方のおっしゃる通り、医療業界にもさまざまな施設や人間がいます

 

実は医療業界は特殊で、患者さんが非常に弱い立場に置かれています

 

 

それに甘んじて、技術レベルも、接遇も、システムさえも

 

医療者側の立場で構築され、患者さん目線では作られて来なかったのです

 

 

個人のクリニックでは、患者さん目線のところも多いですが

 

大病院は、全然ダメです

 

微塵も患者さん目線ではありません

 

 

出来るだけ、関わる人全員が良い思いをするような体制を構築する

 

そういう思いが必要だと思っています

 

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)
涙道涙液学会 理事

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/

 

 

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1
027-288-0224
http://www.kashima-oc.com/

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら
https://youtu.be/kxH9sgrlt0A

 

OurAgeに特集していただきました
https://ourage.jp/column/karada_genki/more/187841/

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/FoB
現物
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS

”美容外科手術後の修正”

20.06.09

カテゴリ:ブログ

定期的に昔の記事をアップしています。

 

1年前の記事、、、、

 

一年間の間にさまざまな症例を経験しましたがこの方も記憶に残る方です

 

当院で行った美容手術後の再修正は基本無料で行っているのですが

 

5-6回は微調整したはずです

 

美容外科に何度も通院されている方はいろいろと心の闇を抱えている場合も多く

 

根本から救ってあげるのがとても難しいなあ、というのが東京にクリニックを開院して実感することです

 

 

バセドウの方々は、減圧するとかなり闇が晴れるのですが

 

もともと美容外科手術後の方は難しいことが多いです

 

美容外科手術後の修正①

開院から1年が経過し徐々に皆さんに知っていただくことが出来てきました。
皆さんさまざまなお悩みで来院されますが
ほとんどの場合他院で治療を受けたが治っていないか
治療を断られた患者さんが多いです。

最近の患者さん、美容外科で手術を受けられたあとで
お顔の状態が崩れてしまって
その修正を希望されて来られるかたがいらっしゃいました。

二重の手術を希望して美容形成外科に行ったのですが
眼瞼下垂ではなかったのに担当の先生のお勧めのままに挙筋短縮を行い
上眼瞼が上がりすぎて、ぎょろっとした眼になってしまったのです。

そのまま待っていれば治るからと言われて待っても治らず
他の高名な美容外科の先生のクリニックで修正の手術をお願いしましたが
創を開けてみたけれど、筋肉が癒着していてまったく下げることが出来ず
さじを投げられたのです。

いろいろさんざん悩みぬいた末に、インターネットで調べて当院にいらっしゃいました。

ご本人がおっしゃる通り確かに挙筋を短縮しすぎていて上の白目が露出し
ひと目でやりすぎだとわかる状態でした。

患者さんご本人は以前の美容外科の経験から
半分あきらめモードで、藁にもすがるような気持で受診されました。

まぶたを何回も手術されている以上
開いてみなければどんな状態になっているかわかりません。
確実に治せる保証はないのです。

美容外科手術後の合併症の修正ですから
健康保険では治せません。
高額な自費の手術になります。

そしてご本人の精神状態はかなり落ち込んでいて
何を話してもダメだったらどうしよう。。と考える鬱状態。
この状態で手術をすると何をどうやって仕上げても
細かいところが気になってしまって
満足するのは到底無理になってしまうのです。

つまり手術を引き受ける側からすると
ババ抜きのババを引くような悪条件でした。

でも僕は今まで美容外科手術後の修正を何例も経験しています。

美容外科や形成外科の先生たちは本当に深いところ、手を出しづらいところまでは
手術で手掛けることが出来ないと知っています。

さらにバセドウ病眼症の眼瞼後退で吊り上がったまぶたを治しているので
吊り上がったまぶたを下げることは誰よりも数多くやっており
むしろめちゃくちゃ下げられる手術法を持っていますから
決して確定的に話はしませんでしたが
引き受けられるのは自分しかいないなあと思って
ご本人が希望すれば、やります、とお伝えしたのです。

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)
涙道涙液学会 理事

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/
新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1
027-288-0224
http://www.kashima-oc.com/

 

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら
https://youtu.be/kxH9sgrlt0A

 

OurAgeに特集していただきました
https://ourage.jp/column/karada_genki/more/187841/

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/FoB
現物
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS

バセドウ病眼症の活動期の治療 ステロイド投与方法について~バセドウ病眼症を医師が解説! オキュロ

20.06.07

カテゴリ:ブログ

またまた動画作ってみました。

 

今回はステロイド投与方法についてです

 

 

 

今までの動画はこちら

 

 

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)
涙道涙液学会 理事

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/
新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1
027-288-0224
http://www.kashima-oc.com/

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら
https://youtu.be/kxH9sgrlt0A

OurAgeに特集していただきました
https://ourage.jp/column/karada_genki/more/187841/

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/FoB
現物
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS

”甲状腺眼症からの卒業”

20.06.03

カテゴリ:ブログ

定期的に昔の記事をアップしています

 

 

1年前に、あるブロガーの方が終診となりました

 

甲状腺眼症になると目が飛び出るだけではなく、まぶたの位置も形も変わってしまうので

 

手術で戻すのは特別な技術を必要とするのです

 

 

眼形成分野の手術の中で、一番難しいと言ってもよい

 

 

だからこそ、誰もやりたがらないし、出来ないのです

 

 

治って、本当に良かった!!

 

 

 

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――

 

先日、某ブロガーの方が終診となりました。

まだオキュロフェイシャルクリニック東京がオープンする前。

前橋のクリニックに受診したときから

東京のオープンにこぎつけ

徐々に軌道に乗ってくるまで

ずっとブログに書いていただきました。

バセドウ病で顔つきの変化で日常生活にどのような不自由が出るのか

それによってどんな気持ちになってしまうのか

手術前の気持ち

手術後の気持ち

患者さんの本心を書いていただくことで自分自身とても勉強になりましたし

なによりもバセドウ病眼症が治療できるんだ、ということを他の方々に伝えていただいたことは

たくさんの患者さんの希望になったと思います。

手術後半年を経て、安定し、

眼球突出は正常値内に入り

左右差もほとんどわからなくなりました

ブログから喜んでいただいていることが伝わってきて

本当に嬉しく思います。

https://ameblo.jp/yhnyday/entry-12450780542.html

再発がなければ

(医療機関の悪いところで病気になったら来るところなのです😢)

会うこともありませんので

最後に診察室で写真を撮りました。

(自分から撮ろう!といったのは医者人生で初めて)

バセドウ病眼症でお悩みの方、是非一度ご相談ください。

下を向いたまま生きるのはツラいと思いますし

それこそ「生きている」状態ではないと思いますから。

 

 

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

 

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)

涙道涙液学会 理事

 

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F

03-5579-9995

http://www.oc-tokyo.com/

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1

027-288-0224

http://www.kashima-oc.com/

 

 

 

 

 

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

 

OurAgeに特集していただきました

ついに眼症の手術を受ける/甲状腺疾患で涙目、眼球突出に! 50代ライターのバセドウ病眼症闘病記④ 

 

 

 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ

「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」

https://oculofacial.page.link/FoB

現物

https://oculofacial.page.link/pamphlet

kindle版

究極の医療安全対策

20.06.01

カテゴリ:ブログ

究極の医療安全

 

 

医療は安全な方が良い

 

いやむしろ安全でなければならない

 

皆さん、そう考えるでしょう

 

 

だって病気を治そうとして

 

逆に違う病気になってしまうのであれば

 

本末転倒ですからね

 

 

今回のコロナ騒動でワクチン開発に1年半程度はかかると言われるのは

 

実際にワクチンを使ってみて

 

有害事象が起きないかどうかを見てからでないと

 

社会全体に広げられないからなのです

 

 

 

だからこそ、何人もの患者さんに使ってみて

 

死んだりしないか確認してから

 

一般に発売する、というプロセスを取ります

 

薬も同様ですね

 

なので長期間かかります

 

 

さんざん試しているので薬やワクチン使って、何か別の病気になったという方は

 

ほとんどいらっしゃらないと思います

 

 

手術もそうです

 

いままでにも左右取り間違え問題とか、患者取り間違え問題とか

 

様々な問題があって

 

特に大病院は確認の書類が無数に増え

 

指さし確認しないと手術を始めることすら出来ない

 

 

そうやって安全に努めてはいます

 

 

ただし手術は、どの手術でもそうですが

 

人の手が行うことなので

 

100%の安全、はありません

 

手術をすれば、100%の安全は絶対にありえない

 

 

 

 

それでも100%の安全を確保することが出来る方法があります

 

まさに究極の医療安全対策

 

これをやれば、かならず100%の安全が担保されます

 

 

 

 

それは何だと思いますか?

 

 

 

それは、、、、、、、

 

 

 

 

 

手術自体をしないことです

 

手術をしなければ、合併症も出ません

 

だから100%安全です

 

 

がんの手術をして合併症が出たら問題だから

 

がんでも手術はせず、そのまま死ぬまで放置すればよい

 

 

前置胎盤など高リスク分娩で胎児が死んだら問題だから

 

手術はせず、死亡率は増えるかもしれないけれど自然分娩にすればよい

 

 

心臓病で心臓の手術をして、かえって死を早めてしまったら問題だから

 

心臓の手術をしなければいい

 

 

薬やワクチンだって、副作用が出たら問題だから、投薬しなければ良い

 

 

すべて自然のままで生まれ、自然のままで死ねばよい

 

それこそが、人間が産まれたままの姿なのだから

 

 

これが究極の医療安全です

 

医療による害は一切なくなります

 

 

 

視野障害を発症した方のブログにこう書いてありました

 

「同じような方を出さないために」

 

つまり、この方は減圧手術を中止させたいのでしょうね

 

 

 

 

僕にとっては日本中が3年前に戻るだけなので

 

たいしたことありません

 

 

そう、かしま眼科を開院する前のあの状況に戻るだけ

 

全国で、バセドウ病眼症によって泣いている患者さん達が溢れていた

 

あの時に戻るだけなのです

 

 

 

骨を削るのがスタンダードだと

 

技術の進歩を諦め

 

顔が変わっても、軽度の変化だと言って、手術はしない

 

 

 

かしま眼科での手術が、そういう圧力で中止になれば

 

たった一人のその方のために

 

泣きぬれて人生を棒に振る方が

 

たくさんたくさん出現すると思います

 

 

 

僕たちは全てのことにリスクを抱えながら生きています

 

タクシー乗るのだって事故で死ぬ確率ありますし

 

飛行機だって墜落死の可能性あります

 

海水浴でおぼれることもあれば

 

どこかのレストラン行って食中毒で死ぬこともあります

 

 

 

そう、ゼロリスクはあり得ない

 

そういうことが分かった上で、生きてくのが正しいと思っています

 

 

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

 

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)

涙道涙液学会 理事

 

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F

03-5579-9995

http://www.oc-tokyo.com/

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1

027-288-0224

http://www.kashima-oc.com/

 

 

 

 

 

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

 

OurAgeに特集していただきました

ついに眼症の手術を受ける/甲状腺疾患で涙目、眼球突出に! 50代ライターのバセドウ病眼症闘病記④ 

 

 

 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ

「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」

https://oculofacial.page.link/FoB

現物

https://oculofacial.page.link/pamphlet

kindle版