群馬県前橋市の眼科形成外科 かしま眼科形成外科クリニック 眼科(眼形成眼窩外科)・形成外科

かしま眼科形成外科クリニック

完全予約制のクリニックとなります。
ご予約についてはお電話にて承ります。

医院ブログ

眼窩減圧術が切られた理由

21.04.11

カテゴリ:新前橋ブログ


眼窩減圧術が切られた理由

先日のブログでもご報告いたしました

またまたOFC東京の眼窩減圧術が査定されました

今回は、昨年末に患者会が行った問い合わせの社保からの返答である

「原則として、眼窩骨の一部を外し、眼窩内に到達し手術操作を実施している場合はK235眼窩内腫瘍摘出術(深在性)、前眼部から眼窩骨と眼球の間から眼窩内に到達し手術操作を実施している場合はK234眼窩内腫瘍摘出術(表在性)とする」

これは、オリンピア眼科病院で行っているのと同じ術式なんですね

だからこの返答を受けて、外眥を切開し、眼窩外側縁の骨を切除する方法で眼窩減圧を復活させました

ところがこの通りに手術を行ったとしても

K234の眼窩内腫瘍摘出術(表在性)へと減額査定されてしまっています

そしてその理由が

「B:療養担当規則等に照らし、医学的に保険診療上過剰・重複となるもの」

過剰だそうです

患者さんが苦しんでいる症状を治すためにわざわざオリンピアと同じ手術をしたら、過剰だそうです

オリンピア眼科病院ではそのような切られ方はしていないようです

この理不尽な決定をどう考えますか?

オリンピアの手術は通す

オキュロで同じ手術をすると切る

すごく恣意的な運用を、東京の社保の審査会が行っています

そしてその結果、すべてのしわ寄せが減圧を受けたい患者さんに行くのです

保険診療は誰のシステムなのでしょうか

医師のため? 違います

国のため? 違います

保険の審査会のため? 違います

保険診療は患者さんがお金を出して構築しているシステムですから

患者さんのためのもの

患者さんは自由に病院や術式を選ぶことが出来る権利があるのです

今回の決定には、本当に呆れました

審査会にいるのは、時代を前に進めたくない古い人たち

そういう人たちこそが、時代が前に進むことを妨害し

日本の成長を妨げてきたのです

まさに、まったく成長しなかった平成という時代を作った世代の方々が

次世代を潰そうとしている、日本の社会の縮図がここにあります

再審査請求なども含めて、先方の対応をこのブログやSNSですべて公開していきます

どれだけ恣意的な運用をしているか、公開していきます