群馬県前橋市の眼科形成外科 かしま眼科形成外科クリニック 眼科(眼形成眼窩外科)・形成外科

かしま眼科形成外科クリニック

完全予約制のクリニックとなります。
ご予約についてはお電話にて承ります。

医院ブログ

TRAbとTSAbの違いと、眼症の活動性との関係

20.05.31

カテゴリ:ブログ

 

TRAbとTSAbの違いと眼症の活動性との関係

 

 

この違いと、活動性との関連が整理されていない方多いんじゃないかなと思います

 

是非、こちらの動画を見てみてください

https://youtu.be/S4hZ4ZmxJDg

 

 

 

高評価、イイね、お願いします!!m(__)m

 

 

 

 

動画のナレーションの書き起こしを付けておきますね。

 

 

バセドウ病眼症で定期的に計測する、自己抗体やTRab、TSabについて解説いたします。

最初にバセドウ病本体の自己抗体から解説します。

 

 

甲状腺ホルモンは甲状腺から出ますが、上位の器官として脳下垂体があり、さらに上位の器官として視床下部があります。視床下部から甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)が出て、それが脳下垂体を刺激し、脳下垂体から甲状腺刺激ホルモン(TSH)が出て、それが甲状腺にくっつくことで甲状腺ホルモンが出るのです。

上司からの指令を、部下が受けているような状態になっています。それぞれの働きは監視され、働きすぎていると、指令が少なくなり、バランスを取るように設計されています。まさに良い上司と部下の関係ですね。これがバセドウ病になると何が起きるのでしょうか。

 

 

バセドウ病では、甲状腺刺激ホルモンに類似した自己抗体が出来てしまいます。これをTSHレセプター抗体(TRAb)と言います。

これが甲状腺の受容体にくっつくと、甲状腺は本物のTSHからの指令を受けたのと同じように甲状腺ホルモンを分泌するのです。

つまり成りすまし上司が出てきて、部下に働け働けと言っているようなものです。この成りすまし上司は無限に部下を働かせます。

部下は必至で働くので、甲状腺機能亢進症という状態になり、汗をかき、心拍数が早くなり、息切れするなどの症状がでます。

このTRAbは目にも働くので、バセドウ病眼症が起きてしまうのです。

ところで、このTRAbに似た名前のTSAbというものがあります。この二つの違いは何なのでしょうか?

 

 

TRABは、二種類の抗体のミックスになっているのです。

それはThyroid stimulating antibody(TSAB)と、TSH stimulation blocking antibody(TSBAb)です。

後者にBlockingという 言葉が入っています。

 

 

 

TSABは甲状腺ホルモンの分泌を促す抗体ですが、TSBABは逆に甲状腺の受容体に取りつくものの甲状腺ホルモンを出すことを妨害します。

つまり先ほどの成りすまし上司に例えると、TSABは上手く成りすました上司で、部下が言うことを聞くのですが、TSBABは成りすましが下手で、部下が言うことを聞かないというところでしょうか。ではこれらの自己抗体と、バセドウ病眼症の活動性にはどのような関連があるのでしょうか

 

 

TRABについては、バセドウ病眼症の活動性と関連が有るという報告と無いという報告があり、あまり相関がない、というのが実情のようです。

しかしTSABについては眼症の活動性と関連がある、という報告が上がっています。これは先述のとおり、TRABは二つの抗体が混じったもので、TSABはそのうち亢進症に働く抗体を選別したものになるのですから、TSABが鋭敏なのは当然かもしれません。

 

 

ただ、知っておいていただきたいのですが、TSABの数値が高いと眼症が必ず悪化する、というわけではありません。

これは多数の患者さんのデータを集めると、その傾向がある、ということにすぎず、一人ひとりをみると必ずしも相関するものではないのです。

医師から見たらたくさんの患者さん全体の傾向を見る必要があるために、そのような言い方になりますが、患者さんは自分自身のからだだけのことを知りたいはずですから、全く視点が違うのです。

 

 

最後にバセドウ病眼症の原因について見てみます。

バセドウ病眼症の患者ではTSH受容体とインスリン様成長因子1受容体の発現が眼窩の組織に多いことが分かっていてなんらかの免疫学的機序が考えらています。

しかし、詳細な原因は全く分かっていません。甲状腺とは別に起こるので甲状腺の状態が正常化したとしても眼症は治らないということだけは覚えておく必要があります。

 

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

 

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)

涙道涙液学会 理事

 

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F

03-5579-9995

http://www.oc-tokyo.com/

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1

027-288-0224

http://www.kashima-oc.com/

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

 

OurAgeに特集していただきました

ついに眼症の手術を受ける/甲状腺疾患で涙目、眼球突出に! 50代ライターのバセドウ病眼症闘病記④ 

 

 

 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ

「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」

https://oculofacial.page.link/FoB

現物

https://oculofacial.page.link/pamphlet

kindle版