群馬県前橋市の眼科形成外科 かしま眼科形成外科クリニック 眼科(眼形成眼窩外科)・形成外科

かしま眼科形成外科クリニック

完全予約制のクリニックとなります。
ご予約についてはお電話にて承ります。

医院ブログ

バセドウ病眼症に対する新薬 テプロツムマブについて

20.08.25

カテゴリ:ブログ

 

バセドウ病眼症に対する新薬 テプロツムマブについて

 

 

 

甲状腺眼症の患者会の勉強会に呼んでいただけたので

 

質問を見ていたら米国で承認されたテプロツムマブについての質問がいくつかありましたので

 

ここでザっとおさらいして、書いておきますね

 

 

 

まず一番大きなニュースはここから始まっています

 

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28467880/

 

Teprotumumab for Thyroid-Associated Ophthalmopathy

Terry J Smith 1George J Kahaly 1Daniel G Ezra 1James C Fleming 1Roger A Dailey 1Rosa A Tang 1Gerald J Harris 1Alessandro Antonelli 1Mario Salvi 1Robert A Goldberg 1James W Gigantelli 1Steven M Couch 1Erin M Shriver 1Brent R Hayek 1Eric M Hink 1Richard M Woodward 1Kathleen Gabriel 1Guido Magni 1Raymond S Douglas 1

Abstract

Background: Thyroid-associated ophthalmopathy, a condition commonly associated with Graves’ disease, remains inadequately treated. Current medical therapies, which primarily consist of glucocorticoids, have limited efficacy and present safety concerns. Inhibition of the insulin-like growth factor I receptor (IGF-IR) is a new therapeutic strategy to attenuate the underlying autoimmune pathogenesis of ophthalmopathy.

Methods: We conducted a multicenter, double-masked, randomized, placebo-controlled trial to determine the efficacy and safety of teprotumumab, a human monoclonal antibody inhibitor of IGF-IR, in patients with active, moderate-to-severe ophthalmopathy. A total of 88 patients were randomly assigned to receive placebo or active drug administered intravenously once every 3 weeks for a total of eight infusions. The primary end point was the response in the study eye. This response was defined as a reduction of 2 points or more in the Clinical Activity Score (scores range from 0 to 7, with a score of ≥3 indicating active thyroid-associated ophthalmopathy) and a reduction of 2 mm or more in proptosis at week 24. Secondary end points, measured as continuous variables, included proptosis, the Clinical Activity Score, and results on the Graves’ ophthalmopathy-specific quality-of-life questionnaire. Adverse events were assessed.

Results: In the intention-to-treat population, 29 of 42 patients who received teprotumumab (69%), as compared with 9 of 45 patients who received placebo (20%), had a response at week 24 (P<0.001). Therapeutic effects were rapid; at week 6, a total of 18 of 42 patients in the teprotumumab group (43%) and 2 of 45 patients in the placebo group (4%) had a response (P<0.001). Differences between the groups increased at subsequent time points. The only drug-related adverse event was hyperglycemia in patients with diabetes; this event was controlled by adjusting medication for diabetes.

Conclusions: In patients with active ophthalmopathy, teprotumumab was more effective than placebo in reducing proptosis and the Clinical Activity Score. (Funded by River Vision Development and others; ClinicalTrials.gov number, NCT01868997 .).

 

 

 

重要なところだけ翻訳しますね

 

薬剤の有効性を評価するために、テプロツムマブを点滴された方と何にも入っていない点滴をされた方で比較しています。両方合わせて合計88人の患者が3週間に1回点滴で計8回治療されました。Clinical activity scoreの2ポイント以上の改善と2 mm以上の眼球突出の減少があれば有効であったとされています。

結果は、6週目に、テプロツムマブ群の患者42人中18人(43%)およびプラセボ群の患者45人中2人(4%)に治療効果がありました(P <0.001)。24週の時点では、テプロツムマブを投与された患者42人中29人(69%)が、プラセボを投与された患者45人中9人(20%)と比較して治療効果がありました(P <0.001)。2群間の差異は、時間経過とともに開いています。唯一の薬物関連の有害事象が糖尿病患者の高血糖でしたが、糖尿病の薬を調整することで対応可能でした。

 

 

この研究を主導しているRaymond Douglas先生、じつはUCLAのOculoplastic出身なんです

 

つまり先輩にあたる人

 

僕のことも知っています

(と思います)

 

 

 

最初のこの報告では、69%に有効だったと書いてあります

 

 

これが2017年

 

同じRay Douglas先生の2019年の論文

 

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30575804/

Teprotumumab, an insulin-like growth factor-1 receptor antagonist antibody, in the treatment of active thyroid eye disease: a focus on proptosis

 

 

 

有効率は71.4%と書いてあります

 

 

これを読んで、おお!と思った方は多いと思いますが

 

実はいくつか知っておいていただきたい点があります

 

 

 

まずこれ、活動期のバセドウ病眼症に対して行ったものであるという点

 

中等度から重症の方に対して有効であったというもの

 

かなり症状が重い方々にしているという点に注目です

(ひと目でバセドウと分かるような方々です)

 

 

 

つまり有効であることは分かりますが

 

その程度は??

 

ステロイドとどっちが良いのか、には答えていない

 

ステロイドであれば、症状が重い方々にほぼ100%効くので

 

ステロイド以上の薬であるということではありません

(まだ可能性はありますが)

 

 

そのうち両方の治療法を比較したStudyが出てくると思います

 

 

 

次に値段です

 

この研究では3週ごとに計8回点滴しています

 

薬剤の価格はいくらでしょう??

 

 

 

1本あたり14,900ドルです

 

https://www.ajmc.com/view/fda-approves-biologic-teprotumumab-first-drug-for-thyroid-eye-disease

製薬会社はテプロツムマブは1バイアルあたり14,900ドルかかり、6か月間で約23バイアルを完全に処理し、その金額の卸売取得コストは343,000ドルで、年間の正味実現価格は200,000ドルであると述べています。(Google翻訳)

 

 

 

 

20万ドル、、、、、、、、

 

2,000万円越えです!!!!

 

日本では未認可の薬剤ですから使うためには

 

自費で行わなければならないのです

 

 

ここで諦めたモードに入った方、多いのではないでしょうか

 

 

 

 

 

そして最後の問題ですが

 

あくまでこれは活動期のバセドウ病眼症に対する治療効果を見たものです

 

 

 

そう、固まってしまったものに有効なわけではありません

 

すでに完成してしまったバセドウ病眼症に有効なものではない

 

 

 

例えて言うなら、誰しも子供から大人の身体になっていきますが

 

細胞レベルで変形して、再構築されていくので

 

何かの薬を使うと大人の身体が子供の身体に戻るようなことはないのです

(名探偵コナン)

 

 

 

時間と同様、戻すことは出来ないのです

 

 

 

 

 

 

変化したものを変えるには、手術しかない

 

その現実は変わらないと思います

 

 

期待していた方

 

大変申し訳ありませんが

 

 

それが現実だと思っています

 

 

 

 

 

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

 

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)

涙道涙液学会 理事

 

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F

03-5579-9995

http://www.oc-tokyo.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/FHdXKbJWcGtzU2fs6

 

 

 

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1

027-288-0224

http://www.kashima-oc.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/vBW1QXwt6y1VevAo8

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

 

OurAgeに特集していただきました

ついに眼症の手術を受ける/甲状腺疾患で涙目、眼球突出に! 50代ライターのバセドウ病眼症闘病記④ 

 

 

 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ

「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」

https://oculofacial.page.link/FoB

現物

https://oculofacial.page.link/pamphlet

kindle版