群馬県前橋市の眼科形成外科 かしま眼科形成外科クリニック 眼科(眼形成眼窩外科)・形成外科

かしま眼科形成外科クリニック

完全予約制のクリニックとなります。
ご予約についてはお電話にて承ります。

医院ブログ

患者さんのブログ

17.12.28

カテゴリ:新前橋ブログ

2017年8月14日に掲載した記事ですが、写真を公開いただいたので、再掲します。

当院の患者さんがブログを公開されていました。
眼窩減圧の術前後の経過が載せられています。
ご興味のあるかたは是非読んでみてください。

https://ameblo.jp/ikim9111/entry-12299832851.html

2冊目の教科書が出版されます。

17.12.27

カテゴリ:総合ブログ

「ここからスタート眼形成手術の基本手技」

眼形成手術の教科書 2冊目 鹿嶋友敬

全日本病院出版から1月22日に、眼科手術学会に合わせて出版されます。

留学前からの企画がやっと実現します。

編集者として2冊目になります。

眼形成手術が日本中の各地に広がってくれるよう、日々頑張ってます。

アメリカ眼科会議(AAO)ニューオリンズにて眼窩脂肪減圧の講演を行いました。

17.11.26

カテゴリ:医院ブログ

ニューオリンズで開かれたアメリカ眼科会議(AAO)にて眼窩脂肪減圧の講演を行いました。

前週の韓国に引き続き、面白がってもらえたと思います。その後、Cadaver laboのInstructorとして参加しました。

Faculty Photoです。

韓国眼科学会で講演を行いました。

17.11.06

カテゴリ:医院ブログ

韓国の眼科学会にてInternational sessionに呼んでいただき、眼瞼下垂と内眥形成術の話、それぞれ15分ずつ講演を行ってきました。終了後に盾をいただきました。英語での講演では必ず読み原稿を用意して行っています。

第71回臨床眼科学会にて甲状腺眼症のインストラクションコースを主催しました。

17.10.12

カテゴリ:医院ブログ

約9000人が参加した第71回臨床眼科学会にて3回目となるインストラクションコース、甲状腺眼症治療のススメを行いました。

当日は立ち見も出る盛況ぶりでした。甲状腺眼症に対する手術治療について講演しました。

眼科の先生方に少しでも助けになればよいと思って、3年前から続けています。

眼窩減圧術について眼科の先生方に講演しているところ。

眼瞼後退の手術

17.10.07

カテゴリ:医院からのお知らせ

眼瞼後退の手術動画をYoutubeにアップロードしました。

眼瞼後退があると表情がキツくなってしまいます。外来で5分程度の処置で改善します。

開業から6か月で手術件数が1000件を超えました。

17.10.03

カテゴリ:医院からのお知らせ

4月1日開業から9月30日で6か月が経過し、総手術件数が1001件となりました(両側手術を2件とした場合)。

そのうち、眼瞼下垂手術は467件でした。

日帰り全身麻酔手術は103人170件に行い、うち眼窩減圧術を52人に行いました。

来院される患者さん、紹介してくださる先生方に支えられての数字です。

今後も努力を怠らないように精進したいと思います。

本当にありがとうございました。

「名医のいる病院シリーズ 『データで探す 病院の選び方』」に当院が掲載になりました。

17.08.17

カテゴリ:医院からのお知らせ

バセドウ病・甲状腺眼症の眼球突出に対する治療を行っている病院として当院が掲載されました。

内容は医療新聞DIGITALから公開されています。

国内でも数少ない眼窩を診られる施設としてバセドウ病の眼球突出に負担の少ない手術を提供【新前橋かしま眼科形成外科クリニック】 (群馬県前橋市)

内容はこちら

眼窩脂肪の摘出術の手術動画を公開します。

17.08.14

カテゴリ:ブログ

当院ではバセドウ病のまぶたへの治療には、主に眼窩脂肪の摘出を行っています。
眼窩脂肪の減圧術は術後の腫れも少なく、社会復帰も早いのでとても良いと感じています。

指導者のいない医療関係者向けにYoutubeで手術動画を掲載していたのですが、
患者さんから動画に直接コメントが入るようになったので、こちらにも掲載します。
手術動画なので、苦手な方は遠慮してください。綺麗に脂肪のみ切除しています。

術後の経過

17.07.31

カテゴリ:医院ブログ

最近、Youtubeを見た方から術後どれくらいの状態になるかのお問い合わせをいただきました。
患者さんのご厚意で、目の術後経過の写真をお借りすることができましたので、掲載させていただきます。
術前と術後2日目の写真を比較してあります。

術前は眼球突出と上眼瞼・下眼瞼に脂肪がたまっているのがわかると思います。
術後、それらが綺麗になっています。
また術後2日目で腫れの一番きついときでもほとんど腫れていません。
皮下出血は手術であれば必ず起こってしまうので、歌舞伎役者のようになりますが、これは3週間以内に治ります。

骨の減圧をやったことのある方ならわかると思いますが、
骨をいじると術後はパンパンに腫れてしばらく目が開きません。

侵襲が少ないからこそ、日帰り手術も可能になりますし、術後の痛みも少なく社会復帰もごく早期に行うことが出来ます。
ただ、複視に関しては脂肪切除の方が起こりやすいように感じます。

19 / 20« First...10...1617181920