群馬県前橋市の眼科形成外科 かしま眼科形成外科クリニック 眼科(眼形成眼窩外科)・形成外科

かしま眼科形成外科クリニック

完全予約制のクリニックとなります。
ご予約についてはお電話にて承ります。

医院ブログ

FBグループの「患者会」への参加

20.09.30

カテゴリ:ブログ

FBでの患者会がスタートしました

 

僕のアメブロのフォロワーの方には直接メッセージを送らせていただきました

 

皆様にご返信いただいたのですが

 

さすがに全員に個別にお返しすることが難しいので

 

この場を借りてお礼申し上げます

 

 

「ご参加いただき、ありがとうございました」By 鹿嶋友敬

 

 

 

いろいろと活動は知っているけどFBに登録はしていないという方

 

そんな方もいらっしゃると思います

 

 

Facebookはやっていないから、、、、、、

 

Facebookは実名登録だから、、、、、、

 

どういう団体でも関わりたくないから、、、、、

 

 

 

でもね、考えて欲しい

 

このまま時間が進むと、バセドウ病眼症の治療が保険から完全に外される可能性があるのです

 

 

 

そうなったら、眼が飛び出ても、何も出来ない

 

人目を避け、外出せず、写真も撮らず、引きこもりのような生活を続けるしかなくなるのです

 

 

すでに減圧して顔が戻った人も他人事ではありません

 

 

なぜなら15%の方が再発するから

 

 

 

再発したらもう一度、手術が必要ですが

 

その時に保険から除外されていたら、どうでしょうか

 

 

 

そして、そして、自分たちのことだけではありません

 

 

未来に渡って、この病気は発生し続ける

 

 

将来の世代の誰しもが治療を受けられなくなってしまったらどうでしょう

 

 

自分の子供がバセドウ病眼症にかかるかもしれませんし

 

孫がなってしまうかもしれません

 

 

 

その時に保険が切られていたら、みんな絶望してしまうと思います

 

 

 

1人ひとりの行動が大事です

 

本名が、、、とか

 

ログインが、、、とか

 

細かいことは二の次にして、

 

とにかく登録していただいて、世の中を良い方向に前進させましょう

 

 

 

動いてくださっている方も、自分のことだけを考えているわけではなく

 

皆さんのことを考えて動いているのです

 

 

 

情報を受け取るだけの立場というのは

 

テイカー(Taker)でしかありません

 

 

そういうのは金輪際終わりにして

 

誰かのために貢献していただけたらと思います

 

 

「甲状腺眼症の医療を前進させる会」のFacebookグループ

ここをクリックしてください!

(なにかの詐欺サイトとかではありません)

バセドウ病眼症の患者さん以外でも是非入って頂けたらと思います

https://www.facebook.com/groups/2679010688977917/

 

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)
涙道涙液学会 理事

 

 

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/
MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/FHdXKbJWcGtzU2fs6

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1
027-288-0224
http://www.kashima-oc.com/
MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/vBW1QXwt6y1VevAo8

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

 

 

OurAgeに特集していただきました

ついに眼症の手術を受ける/甲状腺疾患で涙目、眼球突出に! 50代ライターのバセドウ病眼症闘病記④ 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/FoB
現物
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版

降格したリーダーに共通していること

20.09.28

カテゴリ:ブログ

降格したリーダーに共通していること

 

 

 

当院では医療事務、検査、手術室、それぞれでリーダーを決め、リーダー手当を出しています

 

それも結構な金額を出しています

 

人を率いるのだからそれなりの責任を持って欲しい、という意味です

 

 

 

2017年の新前橋での開業から3年半が経過し、東京の開業から2年強が経過しました

 

 

その中でいろいろな部署のリーダーが降格しています

 

 

 

 

前橋のORTは視力を事務にやらせてカルテを診察に回さなかったし

 

前橋の看護師は仕事は優秀でも

 

部下への人当たりがきつく何人もの看護師を辞めさせたし

 

東京の看護師は仕事の適切な指示が出来ず

 

かつ自分の好き嫌いで器械出しなどのシフトを決めていたし

 

東京の事務は仕事は出来てもクリニックや部下への悪口ばかりを言っていました

 

 

 

 

このように当院には今までに降格したリーダーたちが何人もいます

 

そして降格したリーダーは全員が退職しています

 

では降格したリーダーに共通することがあるのでしょうか?

 

 

実はあるのです

 

 

 

それは、リーダーという立場を自分の環境を整えるために使っていた、という一言に尽きます

 

 

 

リーダーという権限を与えられている以上

 

組織のために尽力するのがリーダーの役割

 

にも関わらず、その立場を、自分のために使う

 

それは一番の反組織的行動になります

 

組織が壊れていく行動なのです

 

 

 

力を持ったら、自分のために使ってはダメなのは誰しもが分かることですが

 

いざ実際にその立場になるとそうしてしまうのが人間なのです

 

 

その使い分けがしっかり出来るかどうか

 

それがリーダーになる人の条件だと思います

 

 

 

ここ数か月で人の入れ替えがありました

 

当院の労働条件はかなりのホワイトなのですが

 

そういった事情があると積極的に退職してもらっているのですね

 

 

人間的に善い人だけが、残って欲しい

 

辞めていった人のほとんどは、そうではなかったということです

 

 

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

 

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)

涙道涙液学会 理事

 

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F

03-5579-9995

http://www.oc-tokyo.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/FHdXKbJWcGtzU2fs6

 

 

 

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1

027-288-0224

http://www.kashima-oc.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/vBW1QXwt6y1VevAo8

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

 

OurAgeに特集していただきました

ついに眼症の手術を受ける/甲状腺疾患で涙目、眼球突出に! 50代ライターのバセドウ病眼症闘病記④ 

 

 

 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ

「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」

https://oculofacial.page.link/FoB

現物

https://oculofacial.page.link/pamphlet

kindle版

虎の威を借るキツネ戦略の目黒先生

20.09.20

カテゴリ:ブログ

先日、眼形成などの手術をメインに据えて目黒真里絵先生が仙台で開業された話を書きました

https://ameblo.jp/kashitomo52/entry-12609149307.html

 

 

仙台まぶたと眼のクリニック
https://sendai-oculoplastic.com/

HPのトップページから僕の名前が出てきます

持ち上がりすぎてて恥ずかしいというか

完全に僕の背中に隠れながら開業しています(笑)

そして最近、地域のコミュニティペーパーにこんな記事が掲載されたようです

image

 

 

記事を読んでもらいたいのですが、

 

目黒真里絵先生が気持ちいいくらい、虎の威を借るキツネになってます😂

 

 

でもこれ、実はめちゃくちゃ効率的で良い方法なのです

 

なんでだと思います?

 

 

 

だってこんなんされたら

 

目黒先生の開業が失敗したら鹿嶋のせいだって言われるじゃないですか

 

だからめちゃアドバイスするし

 

困った症例あったら引き取って治してあげたりするしかないんです

 

 

 

でもそれは医師にありがちな

 

「どんな症例でも抱えてしまって外に出さない」

 

ということをしないということですから

 

患者さんにとっては良いことなのです

 

 

 

目黒先生のクリニック、僕のクリニックを完全にパクっていて

 

デザイン会社も一緒なのですが

 

女性目線で細部にもこだわって作ってあるので非常にきれいです

 

 

 

仙台近郊に在住の方でまぶたの症状に悩んでおられる方がいらっしゃったら

 

是非行ってみてくださいね

 

 

クチコミ・アクセスはコチラ

https://goo.gl/maps/KQxJHgnfLP4jEijbA

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

 

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)

涙道涙液学会 理事

 

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F

03-5579-9995

http://www.oc-tokyo.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/FHdXKbJWcGtzU2fs6

 

 

 

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1

027-288-0224

http://www.kashima-oc.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/vBW1QXwt6y1VevAo8

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

OurAgeに特集していただきました

ついに眼症の手術を受ける/甲状腺疾患で涙目、眼球突出に! 50代ライターのバセドウ病眼症闘病記④ 

 

 

 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ

「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」

https://oculofacial.page.link/FoB

現物

https://oculofacial.page.link/pamphlet

kindle版

 

見学に来た先生に伝えたこと

20.09.14

カテゴリ:ブログ


見学に来た先生に伝えたこと

先週、大阪から見学の先生がいらっしゃいました

11月に開業予定ですでにクリニックは建築中

一般眼科というジャンルで開業予定だったのです

一般眼科ってどんなのか

単純に普通の眼科ですね

営業時間だけ決まっていて

メガネ処方とかコンタクトとか

学校検診とか、緑内障の点眼処方をする

そういうクリニックです

すでにスタッフの採用も決まっていて

配置も設定済み

そんな中で眼形成の専門クリニックってどうなのよ?ってことで見学にいらしたのですね

皆さんご存知の通り当院は完全予約制です(しってた?)

でもこれって眼科業界では一般的ではないのです

破天荒と言っても良い

眼科の開業ってお金かかりますし(平均3億円と言われています)

医者って、それまで経営の勉強していたわけでは無い

だから開業前は心配で不安なんです

心配になってどうするか

とにかくメニューを増やしたくなる笑い泣き

もともと黄斑変性が専門の先生だったのですが

白内障、緑内障に加えて

眼形成手術から

美容レーザーまで入れようとしていました

メニューが多い(笑)

多すぎて、何が専門なのかわかりません

例えるなら飲食店で、メニューが多すぎるのはどんなところでしょう?

 

そう、定食屋かファミレス

 

けっして高級店ではないのです

 

 

 

売り上げをしっかりあげたいのであれば

 

しっかりと1人当たりの単価が高くなるように設計する必要があります

コストパフォーマンスが高い分野に集中するべきだと思いました

僕は出来るだけ相手に得をさせたいと思う人間なのですが(典型的なギバー)

この時もいろいろとアドバイスを行いました

まず、完全予約制を勧めました

以前のブログにも書いたのですが
https://ameblo.jp/kashitomo52/entry-12455317757.html

予約制を取らないと朝イチなんかの時間に診察が集中する

そうすると診療が効率化できなくなりますから

患者さんの待ち時間が無駄に長くなり

患者さんの満足度が下がります

だから予約制がよい、と伝えました

あと専門は絞って、手術に特化したほうが良いと伝えました

当たり前ですが、手術の点数が外来よりも高いのですね

そしてその地域の眼科の開業医のみなさんは、全て手術していない眼科さんだったのです

そんな状況に飛び込むのであれば

当たり前にみんなと同じメニューではなく

手術に特化したほうが良い、そう伝えました

開業が2か月後に迫ってきている

そんな中での方針転換は出来ない

そういう風に言っていましたが

そっちの道では危ないよ、と

朝からずっとアドバイスをし

夜ご飯食事に行った時も同じことを繰り返しました

そうしたらつい先日、完全予約制に移行しますとメールが届きました

今後、眼形成を柱の一つにするので(もうひとつは白内障手術)

開業してからも毎週火曜日に新前橋にいらっしゃる予定です

道を間違えなくて、本当に良かったです

大阪の箕面市で開業予定です

まぶたと眼のクリニック こじま眼科(仮)
https://kojima-ganka.com/?fbclid=IwAR2fhV6QcdosZnBEsoDgJXpiDiyJnVajT-waCoRDG3OEY0G6sxh8A-Exl0E
大阪府箕面市桜ヶ丘3丁目9-19 桜ヶ丘クリニックビル2階

バセドウ病眼症の手術は出来ないかもしれませんが

パルスや注射ならやってくれると思いますウインク

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)
涙道涙液学会 理事

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/
MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/FHdXKbJWcGtzU2fs6

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1
027-288-0224
http://www.kashima-oc.com/
MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/vBW1QXwt6y1VevAo8

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

OurAgeに特集していただきました

ついに眼症の手術を受ける/甲状腺疾患で涙目、眼球突出に! 50代ライターのバセドウ病眼症闘病記④ 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/FoB
現物
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版

だれかを批判している人が守っているもの

20.09.10

カテゴリ:ブログ

だれかを批判している人が守っているもの

前々回、批判って良くないよねって話を書きました

すこし話を広げて、批判している人がなにを目的に批判をするのかを考えましょう

枝野さんでも

古舘伊知郎さんでも

メディアに出てTVの画面で人のことを批判している人

何のために、人の批判をしているのでしょうか?

批判することで誰が得をするのでしょうか?

批判された人??

安倍さんとか、東出さんとか、ベッキーさんとか

批判された人は多少なりともダメージを被る

いや、多少どころか、大ダメージなので批判された人でもありませんね

TV視聴者??

いや、全然得にはならないですよね

そうだそうだ、と相槌を打って

 

「あいつは悪い奴だ」と言っていれば

 

すこしはいい気分かもしれませんが、得はしていません

じゃあ、誰のためなの??

そう、最後に残ったのは、批判している人、当人です

実は批判している人は、自分の得のために批判している

枝野さんは、常に政府の批判しています

批判しかしない
(実際は褒めまくっているのだけどカットされているかもしれませんが)

批判することで、一般人の気を引くことが出来る

程度は大小あれども、すこしは気を引くことが出来ます

だから事あるごとに批判する

でもそれは枝野さんのためであって

世の中のためではない

だって、批判しても何も前に進まなかったのは明白です

世の中が高速で移り変わっていくのに

国会ではずっと同じことをやっていましたよね

モリカケ

桜を見る会

安保法制とか

批判していても、何一つ良いことはありませんでした

なぜか

前回も書きましたが、基本的に批判というのは内向きの力になるので

自分たちの(日本人の)力を削ぐ方向に働きます

日本という国の中で批判合戦していると

日本という国の力が削がれていくのです

何かを前に進めるための議論ではなく

批判って、批判する人の得のためにやっているのです

ではその逆に何かをして批判されている人を想像してください

安倍さん?

孫さん??

三木谷さん???

前澤さん????

彼らは批判されども、批判することはないですよね

世の中を、物事を前に進めようとすると、誰かの批判している暇はないのです

だから批判されっぱなし

でも批判されている人こそ

世の中を前に進めようとしている人なのです

そういう視点で枝野さんを想像してください

 

立憲民主党のだれか他の人でもよい

彼は、自分自身のために、安倍さんとか、自民党とか、政府を批判している

もうバカバカしくて、見たくなくなったでしょ?(笑)

自分の身の周りにいる人でも同じです

誰かの批判は、自分自身の存在感をあげるためにしている

僕を批判している

有明の人も

新宿の人も

女帝も

ぜーんぶ、一緒です笑い泣き

前を向いて世の中が進むように頑張る人は批判され

批判する人は、自分自身のポジションのために批判し

 

世の中が進むのを妨害する、という話でした

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)
涙道涙液学会 理事

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/
MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/FHdXKbJWcGtzU2fs6

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1
027-288-0224
http://www.kashima-oc.com/
MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/vBW1QXwt6y1VevAo8

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら
https://youtu.be/kxH9sgrlt0A

OurAgeに特集していただきました
https://ourage.jp/column/karada_genki/more/187841/

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/FoB
現物
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS

大忙し! 昨日と今日の手術

20.09.09

カテゴリ:ブログ

昨日、今日と、大忙し!

昨日は16件

 

今日は4人8眼の減圧含む、18件!

 

緊急のオペ入ると、残業じゃなくて、早朝オペで対応するのです

今日は午前7時スタートです!

 

 

 

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

 

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)

涙道涙液学会 理事

 

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F

03-5579-9995

http://www.oc-tokyo.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/FHdXKbJWcGtzU2fs6

 

 

 

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1

027-288-0224

http://www.kashima-oc.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/vBW1QXwt6y1VevAo8

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

OurAgeに特集していただきました

ついに眼症の手術を受ける/甲状腺疾患で涙目、眼球突出に! 50代ライターのバセドウ病眼症闘病記④ 

 

 

 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ

「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」

https://oculofacial.page.link/FoB

現物

https://oculofacial.page.link/pamphlet

kindle版

人の批判はしないほうがいい

20.09.08

カテゴリ:ブログ

人の批判はしないほうがいい

 

 

先日、批判についての話を書きました

 

 

今回はその続きです

 

 

いままでの人生でいろいろな組織に属してきました

 

学生だったころもありましたし

 

医師になって、大学にいたこともあります

(現在も週1で勤務しています)

 

 

美容外科系の眼科にいたこともあれば

 

一般眼科クリニックに勤めていたこともあり

 

米国留学の時はUCLAにいました

 

それから開業して、現在は経営者です

 

 

 

いろいろな組織でだれかが他人を批判しているのを見てきました

 

 

人はだれでも欠点がありますから

 

批判するのって簡単です

 

絶対に批判されるネタの無い人なんていませんから

 

 

そして人をばっさり切るのって、気持ち良いじゃないですか

 

切った自分が上になったように感じて優越感に浸ることが出来ますから

 

 

 

 

 

でも誰かの批判する時って優越感に浸れるかもしれませんが

 

自分の手は、相手の血でぐっしょりと濡れているのです

 

 

そう、何か1つのアクションには必ずその反作用を伴う

 

つまり恨みを買うのですね

 

 

 

ばっさり切って

 

優越感に浸って、テラスでお茶でも飲んでいる気になっているけど

 

カップを持つ手は血でベトベトしている

 

 

本人は気付いていないけど

 

切られた方は、復讐のチャンスを狙っているのです

 

 

 

そしてさらに悪いことには、そういう人がいると

 

ばっさり切ることが組織文化になってしまう

 

 

つまり後輩はそういう人に歩調を合わせなければならないから

 

人を切ることがその組織の文化だと理解する

 

 

 

そうしたらその後輩も同じことをして

 

その後輩の後輩も同じことをする

 

 

そう、ずっとその文化が続いてしまうのです

 

 

そうなってからはもう変えることが出来ない

 

 

 

 

もちろん、僕がその批判の矛先になることもあります

 

いまでも日本の眼形成のお歴々は時代を進める僕のことが大嫌い

 

裏で僕のことを散々こき下ろします

(伝わってくる)

 

 

 

決まっていた講演会を中止しろと言ってみたり(有明の人)

 

入職したいと思っている医師を止めさせようとしてみたり(新宿の人)

 

さまざまな妨害をしています(伝わってくる(笑))

 

 

 

政治家を見ていると分かると思いますが

 

立憲民主党の枝野さんとか、その周りの人たちとか

 

人の(政府の)批判しかしません

 

褒めているの、みたことない

 

 

 

いや実際はカメラの前ではベタベタに褒めまくっていて

 

テレビがその場面をカットして、批判する場面しか流していないかもしれませんよ

 

 

そうだったら面白いですけど

 

野党だからそういうことは無いはず

 

 

 

ああいうオジサン達を見て、尊敬してあの人のようになりたい、と思えますか???

 

僕なら絶対になりたくない(笑)

 

正直、醜いオジサンとしか思えない

 

 

 

批判しかしない、あの人たちが日本を前に進めることは出来るとは思えません

 

あの人たちが批判して日本が前に進むことが1つでもありますか?

 

ありません。一つもない。

 

 

 

なぜか。そう、批判はお互いの体力を消耗することなのです

 

批判する方も刀を振りかぶって振り下ろす体力が必要だし

 

切られる方も体力を消耗する

 

 

無駄な批判はお互いに体力を消耗してしまうことになる

 

実は批判が溢れると、全体として前に進む体力が無くなってしまうのですね

 

 

小さな組織でも、大きな組織でも、お互いの批判は無駄な体力を使うし

 

それによって組織の発展を阻害するので

 

他人の批判はしない方が良い、内紛は少ない方が良いという話でした

 

 

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

 

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)

涙道涙液学会 理事

 

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F

03-5579-9995

http://www.oc-tokyo.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/FHdXKbJWcGtzU2fs6

 

 

 

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1

027-288-0224

http://www.kashima-oc.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/vBW1QXwt6y1VevAo8

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

 

OurAgeに特集していただきました

ついに眼症の手術を受ける/甲状腺疾患で涙目、眼球突出に! 50代ライターのバセドウ病眼症闘病記④ 

 

 

 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ

「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」

https://oculofacial.page.link/FoB

現物

https://oculofacial.page.link/pamphlet

kindle版

甲状腺眼症の治し方

20.09.05

カテゴリ:ブログ

甲状腺眼症の治し方

 

 

先日、甲状腺眼症の患者会に講師として招いていただきました

 

 

そのなかで使用したスライドを掲載しますね

 

今から提示する3枚の写真は

 

すべて眼窩減圧をしてから3か月後に眼瞼後退の手術を行った方々です

(写真使用許諾ありがとうございますラブラブ

 

 

目つきがかなり変化したことが分かると思います

 

両眼球突出と右上眼瞼後退に対して、両側眼窩減圧術を行い、その後右上眼瞼後退手術を行った症例。左が術前、中央が眼窩減圧術後、右が終診時。甲状腺眼症特有の上眼瞼の腫脹や眼瞼後退による左右差のある顔貌が消退していることが分かる。

 

 

両眼球突出と両上眼瞼後退に対して、両側眼窩減圧術を行い、その後両上眼瞼後退手術を行った症例。左が術前、中央が眼窩減圧術後、右が終診時。眼球突出と眼瞼後退により結膜の露出が多かったが、終診時には顔貌が改善し結膜の露出は軽快していることが分かる。

 

 

 

両眼球突出と左上眼瞼後退に対して、両側眼窩減圧術を行い、その後左上眼瞼後退手術を行った症例。左が術前、中央が眼窩減圧術後、右が終診時。甲状腺眼症特有の眼瞼腫脹のような顔貌が、終診時には改善し自然な目つきに戻っていることが分かる。

 

 

皆さん、可愛くなっているのが分かると思います

 

 

元の顔に戻ってみると分かるのですが

 

やっぱり甲状腺眼症は”美人病”ではないと思います!

 

絶対術後の方が可愛いもの!

 

 

 

 

一番下に減圧の同意書の文面も載せておきますネ

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

 

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)

涙道涙液学会 理事

 

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F

03-5579-9995

http://www.oc-tokyo.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/FHdXKbJWcGtzU2fs6

 

 

 

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1

027-288-0224

http://www.kashima-oc.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/vBW1QXwt6y1VevAo8

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

 

OurAgeに特集していただきました

ついに眼症の手術を受ける/甲状腺疾患で涙目、眼球突出に! 50代ライターのバセドウ病眼症闘病記④ 

 

 

 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ

「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」

https://oculofacial.page.link/FoB

現物

https://oculofacial.page.link/pamphlet

kindle版

 

 

 

説明同意文書

 

眼窩減圧手術を受けられる

患者さん、ご家族のみなさまへ

 

この説明書は、眼窩減圧手術について説明したものです。わからないことがありましたら、担当医にお尋ねください。治療を受けられる場合は「同意書」に署名をお願いいたします。

 

1.あなたの病名と現在わかっていること、病態

・ 眼球突出(甲状腺眼症)

・ 甲状腺に関連した自己免疫疾患です。

・ 甲状腺に関係した抗体が眼球の周りにある脂肪や眼球を動かす筋肉の中に存在し、それが標的となって炎症が起こり、増生します。それによりまぶたの腫れ、赤み、白眼の充血、角膜の傷、眼の奥の痛みや重さ、眼がでてきたり(眼球突出)まぶたが開いたり(眼瞼結膜の後退)し、瞬きが少なく目つきが鋭くきつくなるように見えます。筋肉、脂肪の炎症、腫れにより眼圧上昇や視力低下、2重にみえることもあります。バセドウ病の方の約50%~60%に甲状腺眼症が生じます。甲状腺機能亢進症でも低下症でも甲状腺機能が正常でもおこります。

・ 筋肉や脂肪が増生し眼球突出が起こったり、神経が圧迫されて視力低下が起こったりします。症状は発症から半年程度経過すると固定化し自然には治りません。

眼窩部の解剖図

 

 

 

2.この治療の目的・必要性・有効性

・          高度の視力低下や眼球突出に対して、眼の周囲の骨(眼窩)を削り、眼の奥の脂肪を切除することで肥大した筋肉や脂肪が入るスペースを拡大する手術です、

・          この治療をすることにより眼球を陥凹させ、眼球突出により鋭くきつくなった目つきを改善し、白めの充血、角膜の傷を改善させます。

・          どの程度効果があるかは患者さんの状態により個人差があります。

 

3.この治療の内容と性格および注意事項

・          全身麻酔で行います。

・          下まぶたや目頭などの結膜や、上眼瞼・下眼瞼の皮膚を切開し、目の奥の骨や脂肪組織を切除します。

・          術後1週間、軟膏を使用してもらいます。術翌日からシャワー浴・洗顔・洗髪は可能です。創部に汚れがたまると不潔になりますので、毎日軽く洗い流すようにしてください。ただしまだ癒着していませんので強くこすることはおやめください。3日後からは入浴が可能です。約1週間で創部の化粧は可能です。術後には顔貌が大きく変化する場合があります。また術後に腫れますので創部が醜く見える可能性がありますが、完全に腫れが消退し、完成した状態になるためには6か月が必要です。

・          手術後眼帯をし、その上から冷却が必要です。

・          当院ではチームとしての医療を行っており、厳格な基準を経た指導のもとに手術を行っていますが、通常の保険診療の場合には手術を担当する医師は指定することはできません。担当医を指名する場合には自由診療での手術になります。

 

4.この治療に伴う危険性とその発生率

・          手術により創部に内出血が起こります。内出血は最初赤いアザのようになっていますが、黄色く変色し重力に伴って皮下を下方に移動しながら約3週間で消退します。腫れの消退は最初の2週間でほぼ程度改善します。完全な消退には約半年かかります。創部に血腫ができた場合は除去手術が必要です。

・          術前に複視が無い場合、手術後には眼球運動障害が出現し2重に見えます。翌日にはほとんど消失していることが多いですが、残存することもあります。

・          複視が残存した場合には、3から6か月で徐々に改善しますが、脂肪切除のみでは0-3%、外側壁では3-6%、内側壁では10-65%で複視が残存するとされています。その場合には、斜視手術が必要になることもあります。正面視では複視が出なくても周辺視野(上下左右)で複視が残る可能性は10%です。

・          意図的に眼球を陥凹させる手術ですので、まぶたが凹むなど、顔貌が変化します。目標を日本人の平均値15㎜に設定しますが、顔貌の変化に伴って二重のラインの形状や、下まぶたの腫れ方が変化します。人によってはバセドウ病発症前よりも凹んでしまったと感じることもあります。

・          術後、瞳が広がったり、近くが見づらくなったりすることがありますが、半年程度で徐々に改善します。

・          眼に関わる重要な神経やこれを栄養する血管に障害が起こると失明に至るような視力・視野障害が出ることがあります。発生率は約1%です。

・          脳に近い場所の手術を行うため、感染症などをきたすと重篤な状態になる可能性があります。

・          手術を誘引として甲状腺クリーゼという死に至る病気が発症する可能性があると指摘されています。発症率は入院患者50万人に1人、致死率10%であり、500万人に1人です。

・          術後徐々に傷痕は目立たなくなりますが傷痕が目立ったり、ケロイドになったりすることがあります。術後に傷が離解した場合は再度縫合処置が必要です。感染などで眼窩蜂巣炎になることがあります。

 

5.偶発症発生時の対応

万が一,偶発症が起きた場合には最善の処置を行います。なお,その際の医療は通常の保険診療となります。

 

6.代替可能な治療

・ これに代わる治療はありません。

 

7.       治療を行った場合に予想される経過

・          術後、さらに眼球陥凹を得たい場合に、今回の手術とほかの部位の減圧術を行うことがあります。眼瞼後退や眼瞼下垂、複視、斜視に対する手術など外科的治療が必要な場合があります。角膜びらんなどの症状がある場合は点眼の治療が必要です。

・          一度炎症が落ち着いた眼症も15%で再発します。その場合はステロイド治療などを必要とする場合があります。甲状腺の数値が安定している方やむしろ低下している方でも眼症は悪化することがあります。甲状腺の数値が安定しているからといって眼を放置するとひどく悪化することがあります。

・          喫煙や放射線ヨード内用療法が悪化につながるため、禁煙が絶対必要です。またストレス、寝不足が悪化を招きます。十分な睡眠を心掛けて下さい。

・          術後に創部から出血が流れることがあります。出血があった場合には創部を軽く圧迫し安静にしてください。創内に溜まると除去手術が必要になる場合がありますが創外に流れることは良いことですのでそのまま止血するのを待ってください。

 

8.何も治療を行わなかった場合に予想される経過

・          自然には治りませんので、視力低下や結膜充血や残存します。顔貌の変化が気になっている場合には、うつ状態になってしまう方もいらっしゃいますし、きつい目つきに見られることで社会的不利になることなどが考えられます。

 

9.患者さんの具体的な希望

治療に関して何かご要望があればお伝えください

 

10.治療の同意を撤回する場合

いったん同意書を提出しても,治療が開始されるまでは,本治療を受けることをやめることができます。やめる場合にはその旨を下記まで連絡してください。

甲状腺眼症の患者会の勉強会 Youtubeで公開しました

20.09.03

カテゴリ:ブログ

甲状腺眼症の患者会の勉強会 Youtubeで公開しました

 

8月29日に開催された、甲状腺眼症患者会の講演会

 

講師として呼んでいただきました

 

 

動画はこちら↓

https://youtu.be/ZLXnas9MEfg

(動画のイイね!をお願いします!!)

 

 

 

 

当院スタッフで元アナウンサーの浦野さんと

 

聖隷浜松病院眼形成眼窩外科を4年半も在籍して

 

日本の眼形成事情を知り尽くした土居先生と

 

三人で出演しました

 

 

 

会は、事前に集めた質問に答える形式で進行したのですが

 

一番驚いた質問が

 

「担当医から毎日まぶたを冷やせば目が引っ込むと言われたので毎日冷やしているのですが、治るものでしょうか?」

 

でしたびっくり

 

 

確かに真っ赤に腫れているくらいの活動期なら

 

すこしは改善あるかもしれませんけど

 

突出したまぶたが冷やして引っ込むんだったら

 

僕はブログもやってないし

 

Youtubeもやってないし

 

UCLAのゴールドバーグ先生のところにも留学していないし

 

そもそもオキュロ東京を開院していなかったでしょうね笑い泣き

 

 

 

まるでアフリカの奥地で

 

医者みたいな呪術師に言われたような

 

果たしてそれは医療なんですか?ドクロ

 

 

 

 

こんな時代なのですから

 

担当医の方針に??と思ったら

 

自分で情報を探してくださいねお願い

 

 

 

医者も結構な割合で、自分で情報を得ようとしていないですから

 

10年前に先輩から教えてもらった治療を

 

そのままやっているだけのところも多いんです(本当に!!)

 

 

 

医者も人ですから、興味のないことは勉強しない

(たとえば鹿嶋は最新の緑内障治療の勉強をしていません。鹿嶋には緑内障について頼っちゃダメ!!)

 

 

 

そう、知識には偏りがある

 

 

インターネットが発達しているので

 

どこかに情報はありますし

 

日本語では検索できなくても

 

英語で検索すると、かならずある程度の情報は得られますからね

(Google翻訳使えばよい)

 

 

 

例えばですが

thyroid eye disease how to reduce protruding

 

↑をコピーして貼り付けて検索すると治療法が出てきますよ

 

インターネット上の情報も誰かが書いたもの

誰かが書かないといけないのです

そうなると英語圏の人口は日本語圏の人口の20倍くらいあるので

英語で検索すると20倍の情報が出てくるという訳なのです

 

 

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

 

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)

涙道涙液学会 理事

 

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F

03-5579-9995

http://www.oc-tokyo.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/FHdXKbJWcGtzU2fs6

 

 

 

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1

027-288-0224

http://www.kashima-oc.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/vBW1QXwt6y1VevAo8

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

OurAgeに特集していただきました

ついに眼症の手術を受ける/甲状腺疾患で涙目、眼球突出に! 50代ライターのバセドウ病眼症闘病記④ 

 

 

 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ

「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」

https://oculofacial.page.link/FoB

現物

https://oculofacial.page.link/pamphlet

kindle版

8月の手術件数が過去最高でした

20.09.01

カテゴリ:ブログ

8月の手術件数が過去最高でした

 

8月の手術件数が上がってきたのですが

 

過去最高の410件でした(眼数・2院合計・自費手術含む)

 

年ベースだと5000件に迫るペースですが

 

これはさすがに4-6月にコロナで来院されなかった方々が

 

7月以降に来院されたことによるものだと思いますので

 

年間を通して、このペースではないと思います

 

 

 

スタッフに臨時ボーナス出すことも出来て

 

良かったです(^^)

 

 

このまま眼形成の普及のために頑張るぞー!おー!

 

 

 

 

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

 

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)

涙道涙液学会 理事

 

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F

03-5579-9995

http://www.oc-tokyo.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/FHdXKbJWcGtzU2fs6

 

 

 

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1

027-288-0224

http://www.kashima-oc.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/vBW1QXwt6y1VevAo8

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

 

OurAgeに特集していただきました

ついに眼症の手術を受ける/甲状腺疾患で涙目、眼球突出に! 50代ライターのバセドウ病眼症闘病記④ 

 

 

 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ

「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」

https://oculofacial.page.link/FoB

現物

https://oculofacial.page.link/pamphlet

kindle版