群馬県前橋市の眼科形成外科 かしま眼科形成外科クリニック 眼科(眼形成眼窩外科)・形成外科

かしま眼科形成外科クリニック

完全予約制のクリニックとなります。
ご予約についてはお電話にて承ります。

医院ブログ

外国人も働くクリニック

20.12.19

カテゴリ:ブログ

 

以前もブログに書きましたが、当院では、いろいろな経歴を持ったスタッフの採用を行っています

https://ameblo.jp/kashitomo52/entry-12640183120.html

 

 

いろいろな業種の方を採用しているのですが

 

中でも一番の変わり種は、、、、、、

 

 

 

 

ベトナム人のスーさん!

 

 

 

 

 

医療事務って、日本語が出来なくてはいけません

 

 

医師が患者さんに伝えていることを正確に聞き取り

 

それをカルテに書き留めておくだけでなく

 

提案している手術の種類を察知して

 

あらかじめ同意書をプリントしていなくてはなりません

 

 

だから日本語の能力が無いと出来ないのですね

 

 

 

それから手術や診療の介助も行うことがありますが

 

おじいちゃんおばあちゃんと会話する必要があったり

 

手術道具なんかも日本語で覚える必要があるので

 

医療の現場には、普通は外国人はいないのですね

 

 

 

でこのスーさん

 

前回の募集の時に応募していただきました

 

 

 

送られてきた履歴書の分量がすごくて

 

正確には憶えていませんが、10頁くらいあったかもしれません

 

他の日本人よりも全然多い

 

それも全部日本語で書いてあります

 

 

 

履歴書を見ると

 

ベトナムのトップレベルの大学(ベトナム国家大学ホーチミン校)から青山学院大学へ交換留学で来日し

 

その後、ベトナムに進出している日本企業で働いていたのですが

 

もう一度、日本で働きたいということで再度来日して仕事を探していたとのことでした

 

 

 

僕は2014年に1か月、2015年から16年にかけて約1年間

 

アメリカに住んでいましたから、外国に住む、ということの大変さが分かります

 

もちろん楽しさもありましたが

 

異国の生活は、やっぱりストレスが多いのですね

 

留学する人がいても、ほとんどの人が日本に戻ってくるというのは

 

つまり日本の方が、生活しやすいからなのですね

(中国人、韓国人はそのまま住み着いてしまう人が多いらしいです)

 

 

 

 

もちろん彼女は履歴書から垣間見える言語能力の高さも良かったのですが

 

そこまでして日本で働きたいという意欲を買って

 

採用してあげたいと思ったのですね

 

 

そして日本人ばかりの医療の現場に混ぜてみたら

 

どんな反応が起きるのかを見てみたかった

 

 

 

スーさん、英語はネイティブに近いので

 

他にも元CAとかホテルマンとか英語が使えるスタッフが何名かいますから

 

飲み会の時は英会話教室が始まります

 

 

先日、ウルフギャング行ったときは、まさに米国にいるような気分になりました

 

 

 

小さくて可愛い彼女ですが(身長150センチくらいしかない)

 

昨日、すれ違ったときにプレゼントをもらいました

 

 

 

 

 

ベトナムのインスタントコーヒー、だそうです

 

 

コーヒー、ミルク、砂糖が一緒に入っているインスタントコーヒーですね

 

いつもコーヒー飲むときはブラックなのですが

 

今回はちょっと甘め

 

東南アジアの味がしました

 

 

 

そんなことがあったので、彼女のことを書こうと思ったのでした

 

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

 

 

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)

 

現 涙道涙液学会 理事

元 群馬大学 非常勤講師(2014-20)

元 帝京大学 非常勤講師(2017-19)

元 アジア太平洋眼形成学会 理事(2010-18)

 

 

 

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F

03-5579-9995

http://www.oc-tokyo.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/FHdXKbJWcGtzU2fs6

 

 

 

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1

027-288-0224

http://www.kashima-oc.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/vBW1QXwt6y1VevAo8

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

 

OurAgeに特集していただきました

ついに眼症の手術を受ける/甲状腺疾患で涙目、眼球突出に! 50代ライターのバセドウ病眼症闘病記④ 

 

 

 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ

「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」

https://oculofacial.page.link/FoB

現物

https://oculofacial.page.link/pamphlet

kindle版

厚生労働省への質問

20.12.17

カテゴリ:ブログ

社会保険支払基金の群馬支部が皮膚を切り、骨を外す手術でないと保険が通らないと言われました

 

その書類には、文句があったら、関東信越厚生局に問合せを、との文言が含まれていました

 

 

問合せを行ったところ、厚生労働省へ上げるので、質問書を用意してくださいとの返事でした

 

 

ここで結論が出ます

 

眼窩減圧を保険でやるには何が必要なのか

 

皮膚を切ることが必要なのか

 

骨を外して戻すことが必要なのか

 

外すだけでいいのか

 

 

すべての結論がここに出ます

 

そのために質問書を書きました

 

患者負担のより少ない術式が低い点数になるなんておかしいのですから

 

 

賢明な判断をしてもらいたいものです

 

 

質問状はこちらです

よろしかったら、読んでみてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

 

 

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)

 

現 涙道涙液学会 理事

元 群馬大学 非常勤講師(2014-20)

元 帝京大学 非常勤講師(2017-19)

元 アジア太平洋眼形成学会 理事(2010-18)

 

 

 

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F

03-5579-9995

http://www.oc-tokyo.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/FHdXKbJWcGtzU2fs6

 

 

 

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1

027-288-0224

http://www.kashima-oc.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/vBW1QXwt6y1VevAo8

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

 

OurAgeに特集していただきました

ついに眼症の手術を受ける/甲状腺疾患で涙目、眼球突出に! 50代ライターのバセドウ病眼症闘病記④ 

 

 

 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ

「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」

https://oculofacial.page.link/FoB

現物

https://oculofacial.page.link/pamphlet

kindle版

すきやばし次郎に行ってきました

20.12.16

カテゴリ:ブログ

 

すきやばし次郎に行ってきました

 

 

以前からブログで何度も書いていますが

 

僕はほとんど趣味がありません

 

 

唯一の例外が飲食店

 

店によって接客の仕方や、味の出し方が異なる

 

 

つまり売りにしているサービスが違うのです

 

 

飲食店のサービスって、医療とかなり似ていますから

 

自分自身を見つめ直すことにも繋がるのですね

 

 

 

そして僕は将来のためにお金を残すことに興味がありません

 

むしろ現代にしっかりお金を使って、社会に還元したいと考えています

 

 

 

だからこそ、患者さんから頂いたお金を使って

 

しょっちゅうスタッフを高級なお店に連れて行くのですね

 

 

 

スタッフがサービスを受けていないと

 

良いサービスを患者さんに提供することが出来ませんからね

 

 

 

先週行ったのが、すきやばし次郎 六本木ヒルズ店

https://goo.gl/maps/hUtBc9zdr5TMCPxx6

 

 

かの有名な本店はクチコミが悪すぎて遠慮させていただきました(笑)

https://goo.gl/maps/HkaW1sAtCSvnyNDB7

 

 

 

カウンター貸切、8名でお邪魔させていただきました

 

 

 

このお店では大将が鮨にまつわるウンチクをいろいろ話してくれます

 

 

 

まさに昭和のガンコ親父のやっている寿司屋のイメージで

 

学ぶような意欲のある方は大丈夫だと思いますが

 

そういう雰囲気がダメな方はご遠慮くださいね

(カップルの時は全然話さないって言ってたけど本当だかどうだか笑い泣き

 

 

 

で、本題です

 

 

クチコミを読んでいただくと分かるのですが

 

結構お酢が強いので好みではない、という意見が多いのです

 

実際に食べてみると、確かに酢が強く感じます

 

 

 

で、大将のウンチクが面白かったので、紹介しますね

 

 

以下、大将です

 

 

酢飯というのは、どの酢飯も酢の濃さは一定なんだよ

 

だっていっぱい酢を入れたら、シャリがべちゃべちゃになっちゃうでしょ?

 

だからどの店のシャリも、酢の濃度は一緒

 

じゃあなんで酢の濃淡を感じるかというと砂糖の量によるんだよ

 

シャリに砂糖を混ぜると、表面が砂糖でコーティングされるので

 

蒸気が逃げないし温度も逃げないから、シャリが長く持つようになる

 

だから砂糖を混ぜているんだよ

 

 

 

じゃあそもそも砂糖と生魚が合うかって言ったら合わないんだよ

 

だって砂糖と生魚合わせた料理なんてないじゃない

 

 

だからうちでは砂糖を最小限しか使っていない

 

 

でもそうするとシャリが持たないから、お客さんの来店時間に合わせて

 

昼2回、夜2回、小分けにして炊いているんだよ

 

そして補温を良くするために、お櫃をわらで編んだ籠に入れているんだよ

 

 

 

 

 

ここまで聞いて、本当に関心しましたが

 

まさにその道のプロ意識を感じました

 

 

こういうウンチクが、出てくる料理の全てにあります

 

つまり一つ一つを細かく考えて、その中でベストを選んでいる

 

理由の無いことはやらないのです

 

 

 

これって手術でも一緒なんです

 

弟子の先生を教えていると、「なんでその手技をしたのか」

 

という答えがないままに手術をしていることがあるのですね

 

 

理由がないまま、何となく見た目が同じになるようにしているに過ぎない

 

 

寿司で言ったら、見た目が同じ寿司でも、味が全然違う、ということが起こりうる

 

 

 

僕は一つ一つの手技の意味をいつも考えながら手術をするので

 

同じプロ意識を感じたのでした

 

 

 

自分からあんなには語らないですが

 

僕の出すメニューには全て意味があります

 

 

だから患者さんに訊かれても、見学の先生に訊かれても

 

答えに詰まったりすることはほとんどありませんし

 

知らないことは知らないと言えます

 

 

 

それはそこに至るまでの思考と挑戦の量に絶対の自信があるからなのです

 

そういう匂いを感じることが出来て、非常に勉強になりました

 

以下、目の保養にどうぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

 

 

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)

 

現 涙道涙液学会 理事

元 群馬大学 非常勤講師(2014-20)

元 帝京大学 非常勤講師(2017-19)

元 アジア太平洋眼形成学会 理事(2010-18)

 

 

 

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F

03-5579-9995

http://www.oc-tokyo.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/FHdXKbJWcGtzU2fs6

 

 

 

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1

027-288-0224

http://www.kashima-oc.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/vBW1QXwt6y1VevAo8

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

 

OurAgeに特集していただきました

ついに眼症の手術を受ける/甲状腺疾患で涙目、眼球突出に! 50代ライターのバセドウ病眼症闘病記④ 

 

 

 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ

「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」

https://oculofacial.page.link/FoB

現物

https://oculofacial.page.link/pamphlet

kindle版

おおたけ眼科 まぶたと眼のクリニックOPEN

20.12.14

カテゴリ:ブログ


おおたけ眼科 まぶたと眼のクリニックOPEN

 

 

以前からこのブログでも書いている通りなのですが

 

僕は全国の医師のレベルを上げることをライフワークの1つとして考えています

 

 

 

このため年齢性別、多様な先生方の研修を受け入れているのです

 

“執刀医によって異なる経験値”

https://ameblo.jp/kashitomo52/entry-12604600340.html

 

 

 

手術というのはいくら見学して動画見ても

 

いくら勉強して知識があったとしても

 

実際にやらないと上手くならないのですね

 

 

 

医師も人間ですからどうしても最初の1例が必要なのです

 

最初の数例になってしまう患者さんは申し訳ありませんが

 

もし修正が必要になれば鹿嶋が引き受けますのでご容赦ください

 

 

そんな中、7月の仙台の目黒真里絵先生に続いて

 

以前から当院で研修をしていた工藤麻里先生がクリニックを移転して開業されました

 

 

もともと7年前から「おおたけ眼科」として自由が丘に開業していたのですが

 

ビルの建て直しに伴って移転が必要になってしまったので

 

移転と同時に眼形成手術を行うことを目指して週に1-2回

 

東京から前橋まで研修に来ていたのです

 

 

 

開業しながらの研修って初めてのケースだったのですが

 

ご本人も休みなしで頑張ってらっしゃいました

 

 

このたびオープンに至ったのでここでご紹介させていただきたいと思います

 

 

もともとの「おおたけ眼科」から

 

「おおたけ眼科 まぶたと眼のクリニック」として新規一転した開業となっております

 

おおたけ眼科 まぶたと眼のクリニック

〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-25-9-インディペンデンスビル 4階

TEL 03-3725-1113

 

https://www.otake-ganka.com/

 

お近くの方は是非行ってみてくださいね

 

当院の先生方とはLINEで密に繋がってますので

 

分からないことがあればすぐに僕に相談してくれますのでご安心ください

 

 

開業後も、当院での研修は続けるとのことです

 

これは目黒先生も一緒ですね

 

実は当院に集まっていらっしゃる患者さん、いろいろややこしい方も多いので

 

そういう方の診療をするのも、勉強になるのです

 

 

生涯勉強ってことですね

 

すごくいい傾向だと思います

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

 

 

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)

 

現 涙道涙液学会 理事

元 群馬大学 非常勤講師(2014-20)

元 帝京大学 非常勤講師(2017-19)

元 アジア太平洋眼形成学会 理事(2010-18)

 

 

 

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F

03-5579-9995

http://www.oc-tokyo.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/FHdXKbJWcGtzU2fs6

 

 

 

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1

027-288-0224

http://www.kashima-oc.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/vBW1QXwt6y1VevAo8

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

 

OurAgeに特集していただきました

ついに眼症の手術を受ける/甲状腺疾患で涙目、眼球突出に! 50代ライターのバセドウ病眼症闘病記④ 

 

 

 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ

「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」

https://oculofacial.page.link/FoB

現物

https://oculofacial.page.link/pamphlet

kindle版

ホリエモンは、他人のチャレンジを応援する人だった

20.12.11

カテゴリ:ブログ

昨日の夜の更新でお分かりの方もいらっしゃると思いますが

九州出張からそのまま舞台に行ってきました
ホリエモンのクリスマスキャロル
東京キネマ倶楽部という
昭和の感じたっぷりの劇場での公演でした
ホリエモンのイメージって金儲けじゃないですか
でも色々な発信見てると、そうでもないんですよ
例えば、劇の内容の絵本を作って販売してたのですが
作画はこの女子高生が担当したようです
会場で売り歩いてました

山本加奈江さん、だったと思います

それとか、大阪の野菜寿司のお店が出展してたり
6ヶ月で寿司職人になるべく修行してる若い子が握ってたり
なんか、いろんなチャレンジを応援しているのが伝わってきました
やっぱりね
日本の国力は落ちていて
元気も無くなって
世界のリーダーの地位からは没落しつつあるのは
新しいチャレンジを社会が受け入れなくなったからだと思ってるんです
社会が前に進むには、チャレンジを容認して応援することが必要なんです
ホリエモンもそんなことを考えて支援してるのかなと感じました

新しいことに挑戦する人のミュージカル

20.12.10

カテゴリ:ブログ

今日、九州出張の帰りにそのままホリエモンが主催するクリスマスキャロルを観劇してきました

ホリエモンの印象、一般的に良くないと思うのだけど、誰かを応援しようという心気に溢れた、とても良いイベントでした

こういうプラスの感情が日本に増えたら、日本は変わる、そう思える夜でした

詳細は後日!

ホリエモンの最後の挨拶だけ載せておきます!

九州出張です

20.12.10

カテゴリ:ブログ

昨日、今日と、九州出張です

昨日は八女市の鶴丸眼科さんへ

7件ほど、オペしてきました!

オペ予定表が貼り出されていたのですが
こんなメッセージが!
歓迎していただき、嬉しかったです
かれこれ7.8年続く九州出張
勉強になることばかり
夜はお決まり、かつ、日本一好きなお寿司屋さん
鮨さかいさんへ
同席した2人の学生さんに、人生を語りました
お前ら、おじさんおばさんになるとショボい人生だと思ってるかも知れねーけど、オレはお前らの年になんかもどりたくねーんだよ
今が一番楽しいんだよ!
って説教?してきました🤣
今日はこれから龍眼科さんに向かってます!
ぜーんぶ、楽しい♪

今日で群馬大学での勤務終了です!

20.12.08

カテゴリ:ブログ

 

思えば19歳で群馬に来てから24年もここにいたんだなあと感慨深いです。初めて受験で群馬に来た時、電車から降りるのにボタンを押さないと扉が開かないのをみて、「こんなところには絶対に来ない!」と思ったのが、もう群馬在住24年にもなりました。懐かしいです。学生時代のいろいろなやんちゃしたことや、講堂で必死で医師国家試験の勉強したことや、駆け出しの医師のころに寝泊まりした部屋や、いろんな英語論文読んだ研究室、ここまで手術が出来るようにしてくれた手術室、本当にいろいろな思い出があります。今で43歳、人生の約半分を過ぎたところで、これから後半戦になるこのタイミングで群馬大からの卒業となるのは、神様が違うことをしろと後押しをしてくれているように感じます。実はもう次の舞台の準備をしています。来年は、まったくコネの無い千葉と、畑違いも良いところの鉄板焼のお店をやろうと思っているのです。ひとまず、人生の前半戦の大きな部分はここで終了となります。関係した皆様、本当にお世話になりました。ありがとうございました!

ちなみに写真は臨床大講堂です。

朝、撮影してきたんです

突出した能力を持つと生きづらくなる

20.12.07

カテゴリ:ブログ

 

 

一般的に、いろいろな能力は高い方が良いと思われていると思います

 

 

野球が上手かったらイイと思うし

 

ピアノが弾けたらイイと思うし

 

頭が良いのはイイと思うし

 

美人だったらいいと思うかもしれません

 

 

 

 

でもちょっと良い能力を持つのは良いと思うのですが

 

突出しすぎた能力を持つと、むしろ生きづらくなる、のです

 

これってあまり語られることが無いですよね?

 

今回はそんなお話をしたいと思います

 

 

 

先の例えで言えば

 

もし野球が上手かったら、スポーツ推薦で高校に入って

 

甲子園に出場した、なんてのは素晴らしい経験ですよね

 

その後、プロになれなかったとしても

 

地域の野球チームのコーチやったり

 

草野球でちやほやされる未来があります

 

 

 

でもですよ

 

イチローくらい突出したらどうでしょうか??

 

 

とてもじゃないけど他の人と一緒にプレー出来ないですよね

 

イベントで単発でやるのは構わないかもしれませんが

 

週1でみんなで集まって、とかって絶対無理だと思います

 

 

肌感覚が違い過ぎて、チームメイトと思いを共有することが出来ません

 

 

ピアノだってそうです

 

 

絶対音感持って生まれて

 

プロ演奏家レベルになったらみんなと同じ音楽は聴けないですよね

 

コンサートに行ったとしても、心から楽しむよりも他の不協和音に耳がいくのではないでしょうか

 

物音すべてがドレミに聞こえてしまうって聞いたことあります

 

 

 

料理だって、ミシュラン三ツ星の料理人は

 

ファミレス行っても、きっと楽しめません

 

 

 

そうなんです

 

突出しすぎた能力をもつと、みんなに合わせることができないので

 

生きづらさが出てきてしまうのです

 

 

 

なんでこんな記事を書こうと思ったのかと言えば

 

最近お会いした人で、メチャ美人さんがいたのですね

 

 

 

 

美男美女っていいじゃないですか

 

人が寄ってくるし、場合によってはタレントやモデルにだってなれるかもしれない

 

悪いことないように見えますよね

 

みんな、少しでもかっこよく、かわいく生まれたいと思うと思うんです

 

 

 

でも話を聞いてみると、思っていたのと違ったんですね

 

 

 

その方は、とっても美人

 

すこし控えめというか、かなりクールな感じなんです

 

人になつく感じが全くない

 

なんでなんだろうなあと思って話を聞いてみるとこんな感じだったのです

 

 

 

飛びぬけた美人さん

 

当たり前ですが、若い頃から勝手に注目が集まります

 

中学生のころに学年全体の男から告白されたこともあるらしいです

 

 

 

でも彼氏を作ると、その周囲の女の子全員から敵視され

 

いじめられたりする

 

そんでもって、あることないこと噂されたらしいです

 

 

 

注目が集まることのデメリットがここで出ているのです

 

 

かまってくれなくていいのに、勝手にかまってくれる状態になる

 

町を歩けば、しょっちゅう芸能スカウトや銀座のクラブのスカウトに名刺を渡され

 

どこに行っても、男に声をかけられる

 

 

 

そんなことが続くと

 

あまり人前に出ることが得意ではなくなり

 

出来るだけ注目されないように控えめに生きるようになる

 

 

 

お話を聞いていて、そんなこともあるんだ~って

 

美人はお得ばかりなのかと思ったら

 

そういうマイナス面もあるですね

 

 

沢尻エリカさんとかも同じようなものなのかもしれないなあと

 

 

 

とても勉強になったのでした

 

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

 

 

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)

 

現 涙道涙液学会 理事

元 群馬大学 非常勤講師(2014-20)

元 帝京大学 非常勤講師(2017-19)

元 アジア太平洋眼形成学会 理事(2010-18)

 

 

 

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F

03-5579-9995

http://www.oc-tokyo.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/FHdXKbJWcGtzU2fs6

 

 

 

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1

027-288-0224

http://www.kashima-oc.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/vBW1QXwt6y1VevAo8

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

 

OurAgeに特集していただきました

ついに眼症の手術を受ける/甲状腺疾患で涙目、眼球突出に! 50代ライターのバセドウ病眼症闘病記④ 

 

 

 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ

「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」

https://oculofacial.page.link/FoB

現物

https://oculofacial.page.link/pamphlet

kindle版

組織のトップとは

20.12.04

カテゴリ:ブログ

 

 

 

組織の長になったのは、3年半前の4月です

 

それまではある程度自由に働ける医師と言えども

 

雇われの身であったのは間違いありません

 

 

 

 

組織の長になってみて初めて

 

思ったこと、経験したがいくつかあります

 

 

 

それを今回は書きたいと思います

 

 

 

まず思ったのが、日々トラブルが続くということ

 

特に開業当初はそれこそ毎日トラブル続きです

 

 

 

 

トラブルには解決策が必要になりますから

 

毎日のように解決策はどれか、の判断をしなければなりません

 

まるでカヌーやラフティングのようにオールをこぎ続けなけば転覆してしまうのです

(やったことありませんが、あくまで例えです)

 

やってみるまでは、こんなに頻繁に判断を迫られるとは思っていませんでした

 

 

 

 

次に思ったのは

 

人の悪いところを見てはだめで

 

人の良いところを見なければいけないということ

 

 

 

どういうことかというと仕事がそれほど優秀ではないAさんがいたとします

 

 

 

一方で仕事が出来るBさんがいたとして

 

すごい優秀で素晴らしいと思ったとします

 

 

 

 

で、人間関係のトラブルが起こった時に

 

Bさんはトラブルを聞きつけて周囲に火をつけて回り組織を壊そうとする

 

 

一方でAさんはそういう動きに加担せず、鎮火しようと努力する

 

 

 

組織にとって必要なのはどちらだと思いますか?

 

組織に必要なのはAさんであって、Bさんがいると組織がダメになっていきます

 

 

仕事の能力値だけを物差しにしてはいけないのです

 

 

時間が経てば、自ずと仕事は出来るようになるのですからね

 

 

 

組織のトップに必要なのは、スタッフの全員が全員、良いところと弱点を持っているということに留意した上で

 

組織を固めて行こうという人は応援し

 

組織を腐らせようという人は退場してもらう

(当院からいなくなった方々はそういう人たちばかりです)

 

そこを能力値で判断しないということを学びました

 

 

 

最後に、これは西野亮廣さんのブログでも書かれていたことですが

 

「スタッフの意見は聞く、だが決定はトップが行う」です

 

 

 

組織を、船に例えましょう

 

僕は船長の役割です

 

スタッフは僕が選んで各所に配置しています

 

 

スタッフの役割はさまざまです

 

エンジンなどの機械を担当する機関士

 

行く方向があっているかを計算する航海士

 

乗客の世話をするスタッフ

 

掃除をするだけの人もいるかもしれませんね

 

料理を作る人や

 

料理を運ぶ人も必要です

 

 

船長の一番の役割は何だと思いますか?

 

 

 

それは、、、、

 

 

 

みんなを安全に目的地まで辿り着かせることです

 

 

当たり前ですが、ここが雇われの身であった時との大きな差になります

 

 

船の旅には、リスクがつきものです

 

 

 

嵐や台風に遭遇して沈没してはダメですし

 

水と食料が無くなって、全員が餓死しても困ります

 

 

そのためには自分の場所を把握し、目的地に着くまでを厳密に計算しなければならない

 

とにかく目的地までみんなをリスクにさらさずに連れて行くこと

 

それが第一の役割なのです

 

 

 

そのためにはいろいろな情報を活用します

 

今の時代なら衛星がありますから衛星画像が欲しい

 

それから専門家の天気予報なんかも欲しいですね

 

周辺の国々で政情不安や戦争になってないかの情報も欲しいし

 

海賊が出る海域なんかがあるようならその情報も欲しい

 

 

 

とにかく周囲の情報を集めて

 

それを元に目的地に連れて行く

 

そういうのが一番の仕事なのです

 

 

でももちろん組織ですからいろいろな立場の人がいろいろな主張をする

 

 

 

航海士はこのまま進むと嵐にぶち当たるので進路を変えろというし

 

機関士はこのままだと燃料が持たないので進路を変えろというし

 

料理長は水と食料がなくなってしまうので進路を変えろというし

 

スタッフ同士のケンカの仲裁だってやらなければなりません

 

 

 

雇われの身だと、当たり前ですが自分の考えを主張するのですね

 

船長は違います

 

全員を、無事に、目的地に連れて行かなければならない

 

 

 

つまり、スタッフと船長はその立場が異なるのですね

 

船長の仕事は、最終判断を下すことにあります

 

 

 

だから全員が良いところに行くために

 

スタッフ個人個人の悪いところは見ず

 

それぞれの意見も聞きながら、最後決定は自分の責任で行うのですね

 

 

 

これが組織のトップになってみて経験した分かったことです

 

 

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

 

 

 

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)

 

現 涙道涙液学会 理事

元 群馬大学 非常勤講師(2014-20)

元 帝京大学 非常勤講師(2017-19)

元 アジア太平洋眼形成学会 理事(2010-18)

 

 

 

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F

03-5579-9995

http://www.oc-tokyo.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/FHdXKbJWcGtzU2fs6

 

 

 

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1

027-288-0224

http://www.kashima-oc.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/vBW1QXwt6y1VevAo8

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

OurAgeに特集していただきました

ついに眼症の手術を受ける/甲状腺疾患で涙目、眼球突出に! 50代ライターのバセドウ病眼症闘病記④ 

 

 

 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ

「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」

https://oculofacial.page.link/FoB

現物

https://oculofacial.page.link/pamphlet

kindle版