群馬県前橋市の眼科形成外科 かしま眼科形成外科クリニック 眼科(眼形成眼窩外科)・形成外科

かしま眼科形成外科クリニック

完全予約制のクリニックとなります。
ご予約についてはお電話にて承ります。

医院ブログ

”保険診療と自費診療の違い”

20.08.16

カテゴリ:ブログ

定期的に昔の記事をアップしています

 

保険診療と自費診療の違い

 

他の先生方から聞かれることも多いのですが

 

自費で高額でもいいからしっかりやって欲しい人が一定数いらっしゃいますので

 

そういう方々に向けたサービスとして行っています

 

 

よく

「そういう人たちは要求度が高くてうるさいんじゃない?」

 

みたいに言われることもあるのですが

 

逆に、そういう支払いが出来る方々は社会的に成功されている方々で

 

物分かりが非常に良いことが多いです

 

なのでクレームになりにくい、とも言えます

 

 

クレームを言う方は、まったく逆で

 

料金をあまり払わずに、出来るだけ得をしたい方々であることが多いです

 

ほんと、クレーマーの皆さん、ことごとく皆さん保険診療です(笑)

 

 

 

あ、保険診療の方が、クレーマーだと言っているのではありませんよ

 

クレーマーの方々は皆さん保険診療だ、と言っているのでお間違えないようお願いします

 

 

当院に来られる方々の99%は良い人たちです

 

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)
涙道涙液学会 理事

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/
MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/FHdXKbJWcGtzU2fs6

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1
027-288-0224
http://www.kashima-oc.com/
MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/vBW1QXwt6y1VevAo8

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら
https://youtu.be/kxH9sgrlt0A

OurAgeに特集していただきました
https://ourage.jp/column/karada_genki/more/187841/

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/FoB
現物
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS

今日は朝から大忙し

20.08.15

カテゴリ:ブログ

今日は7時15分から東京で自費の減圧をして、前橋に行って7件のオペでーす(^^)

今、新幹線で移動中
がんばりまーす(^^)

”当クリニックの経営信条”

20.08.14

カテゴリ:ブログ

定期的に昔の記事をアップしています

 

 

 

3年前に掲げた経営信条ですが、

 

現在でも変更することなく、続けています

 

 

下を見ていないとバンされる

 

そんな組織をたくさん見てきました

 

 

でもつらい顔して生きるよりも

 

楽しんでいたほうが、誰もがハッピーじゃないですか??

 

 

万人が出来るだけ幸せでいられるような日本になってほしい

 

 

さまざまは組織を見てきた経験上、そのように思います

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

 

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)

涙道涙液学会 理事

 

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F

03-5579-9995

http://www.oc-tokyo.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/FHdXKbJWcGtzU2fs6

 

 

 

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1

027-288-0224

http://www.kashima-oc.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/vBW1QXwt6y1VevAo8

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

 

OurAgeに特集していただきました

ついに眼症の手術を受ける/甲状腺疾患で涙目、眼球突出に! 50代ライターのバセドウ病眼症闘病記④ 

 

 

 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ

「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」

https://oculofacial.page.link/FoB

現物

https://oculofacial.page.link/pamphlet

kindle版

PCR検査に意味はない

20.08.13

カテゴリ:ブログ

PCR検査に意味はない

 

 

今回のタイトル、刺激的ですね~

 

自粛警察からの批判が来そうな内容~

 

 

 

 

さて、PCR検査ですが

 

どういうものなのでしょうか

 

 

それぞれの細胞にはDNA、RNAという遺伝子が乗っている物質があります

 

これを増幅して検査するのがPCR検査です

 

 

 

PCR検査を拡充しろ!、という意見は良く耳にしますが

 

その前にPCR検査の特性を知る必要があります

 

 

その前に前提として

 

 

発症者=患者

感染者

PCR陽性者

 

 

 

この違いがわかりますか??

 

 

 

分からなかったら、PCR拡充に賛成するのはやめましょうね

 

全然知識がないのだから

 

 

 

発症者というのは患者で、つまり咳とか発熱とか

 

場合によっては死んでしまうまで呼吸困難になる方ですね

 

 

 

 

感染者というのは、発症した方も含めますが

 

コロナが体内に入っても自己免疫で対応出来て全然増殖せず

 

無症状で無自覚の場合も多いので(ダイヤモンドプリンセスでは50%が無症状でした)

 

有症状、無症状ふくめて、体内にコロナがいる方だと思ってください

 

 

 

PCR陽性者はどうでしょうか??

 

当たり前ですがPCR陽性になった方ですね

 

有症状、無症状、関係なく

 

その採取の場所も問われませんね

 

 

陰性だったらよいのか

 

いや鼻から取ったらいなかったとしても

 

唾液にいるかもしれないし

 

糞便にいるかもしれません

 

 

陽性だったら、確実に感染しているのか

 

いやいや鼻粘膜表面でほんのわずかに増殖していただけかもしれないし

 

そもそもコンタミネーションの可能性もあります

 

ウイルスがすでに死んでいてもDNAが残っていれば陽性になり得ます

 

PCR陽性というのは、体表にウイルスDNAがいた方

 

発症すらしていないので、感染力が無い、ということもある

 

 

そう考えるとPCRはそもそも正確な状況把握には向いていないのです

 

特に個人個人では

 

 

 

ただし大きな集団としてみる場合には別で

 

たとえば○○町1000人から唾液とってPCRして〇%が陽性でした

 

みたいなデータは意味があるけど

 

A君から採取した検体がPCR陽性になろうと陰性になろうと

 

さっき書いたように採取の条件で簡単に変化するので

 

そこで治療方針を決めるべきではないし

 

隔離入院なんてもってのほかです

 

 

 

そもそもPCRの感度は70%程度しかありません

 

https://drive.google.com/file/d/1L5KARiXNJES_jmaWCaC1aYPj4XBu0LQm/view?usp=sharing

 

 

低いでしょ??

 

コロナ患者100人に検査して

 

30人は陰性に出るんですよ

 

 

 

どう思います??

 

 

その30人は「俺はコロナじゃない」といって歩き回る

 

そういう検査なんです

 

だから信用しちゃダメ

 

 

 

新型コロナの死亡率は

 

他のカゼと同等であるような報告が次々にあがっています

 

前回のブログでも書きましたが、

 

PCR陽性者のうち(身体のどこかにコロナがいる)

 

30代は99%が無症状か、軽症

40代は95%が無症状か、軽症

 

 

 

コロナ以外の死亡時平均年齢は

 

男性 78.2歳

女性 84.7歳

 

平均して81.5歳

(平均寿命ではありません)

 

コロナで死亡した方の平均年齢は79.3歳です

 

 

ほとんど寿命は短くならないということが分かっています

 

 

 

8月10日時点でのデータですが

(東洋経済オンラインより)

 

PCR陽性者数  836名

 

入院を要する患者 91名

 

かなりパーセンテージ少ないのが分かります?

 

うち重症者  9名

 

 

PCR陽性者のうち、1%しか重症化していません

 

この9名もおそらく高齢者でしょう

 

 

 

 

 

 

そして次のステージの話になるのですが

 

PCR陽性の患者になったとして、治療はどんなものがあるのでしょうか?

 

 

実は、、、、、

 

現時点で有効な治療薬はありません

 

だから寝てるしかない

 

 

 

自宅で安静に、症状がなくなるまで寝ていること

 

ホント、インフルや風邪に罹ったのと同じことしか出来ないんです

 

重症化すれば、酸素吸入とかステロイド投与が必要になりますが

 

それは相当にレアな方だけ

 

 

 

 

自宅療養で治るものなのです

 

 

PCRしても、問題は解決しないし

 

むしろ昏迷が深くなる

(入院隔離となると病院がパンパンになって医療崩壊)

 

 

だから闇雲にPCR拡充に賛成するのはやめましょうね

 

 

 

当院では発熱したら、積極的に勤務を休み

 

PCRせずに自宅安静をするようにと伝えています

 

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

 

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)

涙道涙液学会 理事

 

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F

03-5579-9995

http://www.oc-tokyo.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/FHdXKbJWcGtzU2fs6

 

 

 

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1

027-288-0224

http://www.kashima-oc.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/vBW1QXwt6y1VevAo8

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

OurAgeに特集していただきました

ついに眼症の手術を受ける/甲状腺疾患で涙目、眼球突出に! 50代ライターのバセドウ病眼症闘病記④ 

 

 

 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ

「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」

https://oculofacial.page.link/FoB

現物

https://oculofacial.page.link/pamphlet

kindle版

”バセドウ病眼症治療の現状”

20.08.12

カテゴリ:ブログ

定期的に昔の記事をアップしています

 

2年前、オキュロフェイシャルクリニック東京を立ち上げた時の記事です

 

そのころ当院にいらっしゃった患者さんは

 

ネット上でバセドウ病眼症のことを調べまくり

 

めちゃくちゃ調べた上で当院にいらっしゃっていました

 

 

検索順位が下のほうだったのですね

 

 

みんな必死に探して探して

 

全国から来訪していただきました

 

 

その方々がブログなどで発信して

 

現在は検索順位がかなり上に来たので

 

それなりに見つけやすくなって頂いているかなと思います

 

 

徐々にではありますが

 

バセドウ病眼症の患者さんに光が当たって

 

全国どこでも治療が出来るようになってくれたら良いなあと思っています

 

 

新型コロナの死亡時年齢から分かる真実

20.08.10

カテゴリ:ブログ

 

新型コロナの死亡時年齢から分かる真実

 

 

東京都が新型コロナの死亡時年齢の平均値を発表しています

 

 

79.3歳

 

 

なるほどですね

 

この数字をみてどう思ったでしょうか?

 

 

もちろんこれはタダの数字です

 

 

個人個人にはそれぞれの人生がありドラマがありますから

 

志村けんさんや岡江真理子さんのように

 

まだその年齢に達していない方も罹患して亡くなっていますし

 

個人的には志村けんさんが初めて主演しようとしていた映画は

 

見たかったので非常に残念です

 

 

 

ただ、ここでは個々を見るのではなくて大きな集団としてみます

 

 

新型コロナ死亡時年齢の平均が79.3歳

 

では新型コロナが無かった時はどれくらいだったのでしょう??

 

 

男性 78.2歳

女性 84.7歳

 

平均して81.5歳

(死亡時年齢の平均です。平均寿命ではありません)

 

 

つまり新型コロナに罹患すると、亡くなる間際の時間が

 

2年間くらい前倒しで訪れる

 

1人ひとりを見ていくとその2年間でいろいろと出来たこともあるでしょうから

 

 

個々の事例を評価することはしませんが

 

死ぬ間際の2年間だけ

 

しかも基礎疾患を持っていた方々が多いので

 

簡単に言えばもうすでに健康寿命が終わっていて

 

人生最後の数年間、徐々に弱っていき

 

お迎えが来る時をゆっくりと待っているご老人が

 

コロナに罹ると徐々にではなくて2週間程度で呼吸困難になって亡くなる

 

そういうイメージではないでしょうか

 

 

尊敬する終末期医療を行っている先輩がブログに書いていました

 

 

5年単位で見れば死者数はコロナ前後で変化しないのだから

 

必要以上に恐れるのは止めよう、と

 

 

 

 

PCR陽性者のうち(身体のどこかにコロナがいる)

 

30代は99%が無症状か、軽症

40代は95%が無症状か、軽症

 

 

確かに感染力は高いかもしれませんが

 

このウイルスの危険性、過度に見積もり過ぎていませんか??

 

 

 

先日行った、明治から110年続く老舗の飲食店

 

 

 

4月5月6月は来客ほぼ壊滅

 

7月は半分程度まで戻りましたが

 

8月はまた壊滅だそうです

 

行った日も僕のみ

 

それもたまたま電話かけてOKだったので他の予約は本当に皆無だった

 

前日夜は来客ゼロで、お店閉めてスタッフで飲みに行ったそうです

 

 

 

 

明治から続くお店で

 

スープは注ぎ足し注ぎ足し作っているそうです

 

 

 

こういう日本の文化の一部であるような飲食店も

 

第2波が過ぎて、今度秋から冬にかけて第3波が来たら

 

続けていけなくなるのは明白です

 

 

 

 

貴重な日本の文化が消失する未来がそこにあります

 

 

 

そしてもう一つ考えて欲しいことがあります

 

コロナの情報を流している人たちにどういう利害があるのか、です

 

 

 

主にコロナが危ないという情報を発信しているのは

 

 

テレビなどのオールドメディアと

 

都道府県の知事ですよね

 

 

 

 

僕の見る限り、政府は必要以上に恐怖をあおっていないように見えます

 

 

 

なぜか??

 

オールドメディアも都道府県の知事も

 

実はそこに明確な理由があるのです

 

 

 

つまり

 

危機を発信すればするほど、自分たちの存在意義が強くなるのです

 

 

 

コロナ危機になればなるほど

 

オールドメディアは視聴率をあげることが出来ますし

(CM本数は減ったらしいですが)

 

 

知事は支持率をあげることが出来ます

(都知事戦圧勝)

 

 

そう、彼らは危機を煽りたい側の人間なのです

 

信用してはいけないと思っています

 

 

 

一方で政府は控えめですね

 

緊急事態宣言も出したくなかったようでした

 

 

2回目の緊急事態宣言なんかとんでもないという立場

 

 

なぜか??

 

危機をあおれば煽るほど

 

国民が熱くなればなるほど

 

自分たちが行っている対策が不十分だと言っているようなものなので

 

支持率が落ちますよね??

 

 

 

だから彼らは危機を煽ることをしません

 

国民に冷静になってもらいたいと思っている

 

だから過激なことは言わない

 

 

 

 

そう

 

立場が違うのです

 

知っていましたか??

 

 

だからそれぞれの立場を考えることです

 

 

 

 

個人的にはこのウイルスを必要以上に恐れる必要は無く

 

むしろ恐れることで国民生活が壊れていきます

 

 

 

死期が近づいている老人たちの命を奪う可能性があるのは間違いないので

 

感染対策をしっかりした上でですが

 

老人には不要不急の外出をしないようにお願いして

 

それ以下の年齢の人は普通に過ごすべき時が来ていると

 

僕は思っています

 

 

 

 

それでも実感としては、

 

ご老人は人生最期の5年間をコロナを恐れて自宅で軟禁状態で過ごすより

 

それが3年間に短縮したとしても

 

外出すること

 

自由に行動することを選ぶように思います

 

 

 

 

ブログ読者の方々へ伺いたいです

 

 

人生最後の5年間を自宅軟禁されて

 

良い最期を迎えることが出来ますか??

 

 

 

友達にも孫にも会わず

 

映画にも演劇にも行かず

 

レストランも行けない

 

コロナだけを恐れて自宅軟禁5年

 

 

 

僕は絶対に嫌です!

 

というか最後の5年自宅軟禁になったらむしろ3年目に自殺すると思う

 

 

つづきます!!!(笑)

 

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

 

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)

涙道涙液学会 理事

 

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F

03-5579-9995

http://www.oc-tokyo.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/FHdXKbJWcGtzU2fs6

 

 

 

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1

027-288-0224

http://www.kashima-oc.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/vBW1QXwt6y1VevAo8

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

 

OurAgeに特集していただきました

ついに眼症の手術を受ける/甲状腺疾患で涙目、眼球突出に! 50代ライターのバセドウ病眼症闘病記④ 

 

 

 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ

「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」

https://oculofacial.page.link/FoB

現物

https://oculofacial.page.link/pamphlet

kindle版

自粛警察を生んだ日本人

20.08.08

カテゴリ:ブログ

 

自粛警察を生んだ日本人

 

 

新型コロナの流行していた4-5月頃

 

自粛警察が問題になっていましたね

 

 

 

なんでも自粛を訴えて

 

近所の公園で遊んでいる子供に怒鳴る人とか

 

会社への通勤が無くなるように国が動けという人とか

 

営業自粛要請であるにも関わらず(禁止ではない)

 

ほそぼそと営業している飲食店にわざわざ電話をかけて自粛を迫る人とか

 

個人個人の行動が尊重されるし、しなければならないのは

 

日本と国に生きる者の基本となるものです

 

 

 

日本では、空気を読んで、周りと一緒の行動を取ることが良いとされる風潮があります

 

それはそれで長所でもありますが、僕にとっては短所に見えます

 

周りに従うということは、楽です

 

自分の頭で考え、判断すれば、その責任も取らなくてはなりませんが

 

周囲と同じ行動を取るだけなら、考える必要はありません

 

自分の頭を空っぽにして、従うだけ

 

 

それはそれは、楽でしょうね

 

 

 

 

そして自分がそういう風にしているから

 

周囲で、そういう空気に従わない人がいると

 

足を引っ張りたくなる

 

 

 

 

僕は日本が

 

30年間世界中の先進国の中で唯一

 

まったく成長しなかった

 

「失われた30年」を作ってしまったのは

 

そういう行動を容認する社会になってしまったからだと思っています

 

 

 

 

つまり全員で足並みを揃えることだけを考え

 

新しい行動を容認しない

 

 

 

でも新しい行動からしか、新しい市場は生まれませんから

 

新しい行動を容認しない社会は成長しない

 

そうしてこの30年が産まれたのです

 

 

 

ソニーとかパナソニックとかの創業者をみていただきたいのですが

 

スティーブジョブズのように現在の常識に捕らわれず

 

新しいことに挑戦し

 

未来の常識を作り続けたからこその成功だったと思います

 

 

 

 

会社が徐々に大きくなると高学歴の社員が入ってきますが

 

そういう人はレールの上を早く進む能力は高いのですが

 

レールを外れる能力は低いのではないでしょうか

 

 

 

 

創業者がいなくなると

 

レールを外れられない人間がトップになる

 

そうするとその会社では新しいことは全く始められなくなります

 

 

 

 

それが30年間まったく成長しなかった日本の正体

 

僕はそう考えています

 

 

 

 

だから僕は自分で情報を収集し、自分の頭で考え、行動します

 

それこそ先輩の常識を踏襲していたのなら

 

その昔、眼窩減圧術なんかムリゲーだったですから

 

やるはずがありませんからね

 

 

 

自粛警察をしている方々は

 

自分が自粛しているのだから、お前も自粛しろ、という人たち

 

 

国民全体の均一化を目指している人たちだと思います

 

 

 

 

 

そもそも僕ら日本国民には自由に行動する権利があります

 

そう、基本的人権というもので

 

憲法の上に位置する価値観です

 

 

 

小学校のときに、習いましたよね??

 

 

自粛警察の方々、忘れてしまったのかな???

 

 

 

 

つまり営業自粛を迫るような自粛警察をしている人間は

 

基本的人権が守れない人

 

この国に住む資格がないと言ってもいいのです

 

 

隣人の基本的人権を守れないなら

 

人権の無い国に移住されたら良いと思います。。。。。

 

 

 

 

中国とか???

 

 

北朝鮮かな?????

 

 

 

 

 

つづきます!

 

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

 

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)

涙道涙液学会 理事

 

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F

03-5579-9995

http://www.oc-tokyo.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/FHdXKbJWcGtzU2fs6

 

 

 

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1

027-288-0224

http://www.kashima-oc.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/vBW1QXwt6y1VevAo8

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

OurAgeに特集していただきました

ついに眼症の手術を受ける/甲状腺疾患で涙目、眼球突出に! 50代ライターのバセドウ病眼症闘病記④ 

 

 

 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ

「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」

https://oculofacial.page.link/FoB

現物

https://oculofacial.page.link/pamphlet

kindle版

九州出張

20.08.05

カテゴリ:ブログ

 

九州出張

 

 

今日から九州出張です

 

 

九州の手術を依頼していただいています

 

九州の眼形成の患者さんを出来るだけしっかり治して幸せにしたいと思っています

 

 

 

いつもは1人で行くのですが

 

今回はスタッフ若干名を連れていくことにしました

 

 

 

医者は若い時からいろいろな施設にバイトに行きますから

 

多種多様なスタイルの医療機関を経験することが出来ますが

 

医療スタッフは転職でもしないと他の施設を見る機会は無いのです

 

 

 

だからいろいろな施設、医療の提供の仕方を見るのはとても勉強になる

 

自分や医者の医療レベルがどのあたりにあるのかを確認する良い機会なのです

 

つまり僕の出張手術にスタッフを連れて行くのは彼らの社会勉強になるのです

 

 

 

とは言っても福岡の飛行機往復、宿代、新幹線代を

 

すべて合計すると1人10万弱かかります

 

 

 

そしていつもの通りですが

 

良いレストランでサービスを学びます

 

 

 

今回は稚加栄と鮨さかい

 

 

稚加栄は博多では知らない人がいない名門の料亭で

 

お店のど真ん中がでっかい生け簀になっています

 

そこで泳いでいる魚を捌いてもらって食べるのです

 

 

臭みのまったくない、透明なお刺身

 

死んでから何日も経った魚のお刺身とは違います

 

それから烏賊の刺身ですね

 

イカって何色だと思います??

 

白だと思っているでしょ???

 

 

違うんですよ

 

 

本当は半透明なんです

 

 

それから鮨さかい

 

僕が食べた中で一番の寿司店です

 

東京のお寿司屋さんも含めて

 

 

 

大将は、東京の寿司屋さんで江戸前の技術を学び

 

その技術を九州の新鮮な食材に応用しているのです

 

 

 

行き始めたときはミシュラン1つ星だったと思うのですが

 

現在3つ星で予約は4か月待ちとなっています

 

 

 

 

まな板と大将にスポットライトが当たり

 

大将が舞台俳優に見えます

 

お店の作りがそうさせるのです

 

本当におススメです

 

 

こういうのも全て経験

 

時間的にも金銭的にクリニックへの負担はとても大きい

 

 

でもそういう一つ一つの他では出来ない経験を積み重ねることが

 

医療者としても社会人としてもステップアップに繋がるのです

 

 

 

スタッフには今回の出張旅行を糧にして成長して欲しいと思っています

 

 

ということでしっかり学んで、クリニックに返してね!!!!

 

 

 

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

 

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)

涙道涙液学会 理事

 

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F

03-5579-9995

http://www.oc-tokyo.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/FHdXKbJWcGtzU2fs6

 

 

 

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1

027-288-0224

http://www.kashima-oc.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/vBW1QXwt6y1VevAo8

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

 

OurAgeに特集していただきました

ついに眼症の手術を受ける/甲状腺疾患で涙目、眼球突出に! 50代ライターのバセドウ病眼症闘病記④ 

 

 

 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ

「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」

https://oculofacial.page.link/FoB

現物

https://oculofacial.page.link/pamphlet

kindle版

甲状腺眼症の患者さんの勉強会

20.08.04

カテゴリ:ブログ

タイトル;バセドウ病眼症 患者さんの勉強会が開催されます

 

 

バセドウ病眼症の患者さんが主体となって立ち上げた甲状腺眼症患者会が勉強会を開催するので講師をやってくださいと依頼されました

 

 

是非よろしければご参加ください

 

 

ドクターにとってもWithコロナ時代に何が主流になるのか

 

勉強になって良いのではと思います

 

 

 

メディアと呼ばれるような業態

 

中抜きを主業としてきた業態は

 

オンライン化が進むことでどんどん無くなっていくのでしょうね

 

 

 

どんどん個と個が繋がるようになっていく気がしています

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

 

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)

涙道涙液学会 理事

 

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F

03-5579-9995

http://www.oc-tokyo.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/FHdXKbJWcGtzU2fs6

 

 

 

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1

027-288-0224

http://www.kashima-oc.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/vBW1QXwt6y1VevAo8

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

 

OurAgeに特集していただきました

ついに眼症の手術を受ける/甲状腺疾患で涙目、眼球突出に! 50代ライターのバセドウ病眼症闘病記④ 

 

 

 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ

「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」

https://oculofacial.page.link/FoB

現物

https://oculofacial.page.link/pamphlet

kindle版

土曜日は長野に泊まりました

20.08.03

カテゴリ:ブログ

タイトル;土曜日は長野に泊まりました

 

 

 

今日のブログの記事は

 

なんですかねえ

 

 

ふうん、だから何なの??

 

みたいなタイトルですね、すみません

 

 

 

 

実は土曜日、鹿嶋家で食事会だったんです

 

 

クリニックの診療が終わってから

 

麻布に移動して

 

大好きな麻布の「かどわき」さんへ

 

 

 

両親+3兄弟の5人で食事会してから群馬に帰ります

 

新幹線に乗るのは長野への最終便ですが

 

高崎で降りますので1時間くらいの乗車時間です

 

1時間を睡眠に当てます

 

 

 

丸一日分の手術と診療の疲れ

 

それと土曜日は形成外科出身の渋谷先生の入職一日目でしたから

 

いろいろなことを教えなければならなかったので

 

本当に疲れていたので

 

シートに座るとすぐに寝ました

 

 

 

 

 

どこかに着いたと思ったら

 

そう、そこは長野

 

長野行きの最終電車だったので、高崎を遠く超えて

 

さらに1時間離れた長野まで辿り着いてしまったのです

 

 

 

呆然としながら改札へ

 

実は終電で乗り過ごしたときは

 

始発で目的地まで無料で戻れるチケットが貰えるのです(知ってた??)

 

 

グーグルマップでホテルを探し、

 

駅前の東横インへ

 

 

深夜12時過ぎなら割引サービスがあるらしく

 

ほんの数分をコンビニでの支度に当てて

 

再度チェックイン(せこい!)

 

 

 

翌日は5時過ぎには起きて

 

AM6時頃発の始発の新幹線で高崎まで戻りました

 

朝早いと誰もいなくて気持ち良いですよ!

 

本当にすがすがしい朝

 

 

かなりの哀愁が漂いますけどね!!!(笑)

 

 

 

実は東京で飲んで帰ると、かなりの高確率で乗り過ごしが起きる

 

僕、寝つきが良いんです

 

その分、寝起きも良い(毎朝5時起きでランニングする)

 

 

 

 

それで言えばいままでにも越後湯沢に泊まったことが何度あることか

 

 

毎回泊まるのは駅のすぐ近くの宿なのですが

 

終電乗り過ごし難民、かならず数人はいるのです

 

 

駅近のビジネスホテルが1軒あって、フロントに列になるのですが

 

僕が鍵を受け取って部屋に向かうと

 

後ろから、「もう満室です」ってのが聞こえてきてゾッとしたことがあります

(こんな時間に締め出されたらどうするの)

 

 

 

あと電話したら駅周辺はどこもいっぱいで

 

タクシーで数分の離れた宿に電話かけたら

 

「空いているのは、仮面ライダーの特別室だけですね」と言われ

 

仮面ライダー大勢に囲まれて寝たこともあります

 

 

 

乗り過ごすと本当に無駄な時間とお金を使うので

 

当たり前ですけど、みなさん乗り過ごしには注意しましょう!!!

 

 

(今日は使える写真がありませんでした)

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

 

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)

涙道涙液学会 理事

 

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F

03-5579-9995

http://www.oc-tokyo.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/FHdXKbJWcGtzU2fs6

 

 

 

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1

027-288-0224

http://www.kashima-oc.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/vBW1QXwt6y1VevAo8

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

 

OurAgeに特集していただきました

ついに眼症の手術を受ける/甲状腺疾患で涙目、眼球突出に! 50代ライターのバセドウ病眼症闘病記④ 

 

 

 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ

「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」

https://oculofacial.page.link/FoB

現物

https://oculofacial.page.link/pamphlet

kindle版